Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

「バチカン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

バチカン市国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「バチカン市国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

スポンサーリンク

バチカン市国の国旗の由来・意味

バチカン市国の国旗は、正方形で19世紀の初頭に教皇ピウス7世によって黄と白の旗に決められた。右側の国章には、三重冠と呼ばれる教皇が公式行事の際にかぶる冠が配され、交差する金と銀の鍵は聖俗両面で教皇が支配することを意味している。

バチカン市国 国旗の由来・意味

バチカン市国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 1:1  [国旗制定年] 1929年

スポンサーリンク

バチカン市国の基本情報

国名
バチカン市国 
英語による名称
State of the City of Vatican
人口
1,000人
面積
0.44k㎡
(日本の皇居の約半分)
首都
バチカン
言語
ラテン語、仏語、イタリア語
宗教
ローマ・カトリックローマ・カトリック
民族
イタリア人、スイス人
通貨/レート
1ユーロ=128円
独立年月
国連加盟年月
GNI/人

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

 

職工所スタッフが選んだ学習プリント・知育グッズ

 
 
 

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\世界の国旗をとことん学ぶ/

国旗TOPはコチラ