Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

トンガ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

トンガ王国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「トンガ王国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

トンガ王国の国旗の由来・意味

トンガ王国の国旗は、国王が1862年の国会で「国旗にはキリストの十字を配し色は十字架の上で流された血を表現する赤を希望する」と述べたことに由来する。1875年の憲法で国旗のデザインを変えることを禁止したので、その後イギリスの支配を受けて独立しても国旗はずっと変わらなかった。

トンガ王国 国旗の由来・意味

トンガ王国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 1:2  [国旗制定年] 1875年

スポンサーリンク

トンガ王国の基本情報

国名
トンガ王国 
英語による名称
Kingdom of Tonga
人口
11万人
面積
747k㎡
(対馬とほぼ同じ)
首都
ヌクアロファ
言語
トンガ語、英語
宗教
キリスト教50%、ヒンドゥー教23%
民族
ポリネシア系
通貨/レート
1パアンガ=51円
独立年月
1970.6
国連加盟年月
1999.9
GNI/人
4,260ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\世界の国旗をとことん学ぶ/

国旗TOPはコチラ