Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

リヒテンシュタイン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

リヒテンシュタイン公園の国旗イラスト 由来・意味を解説

「リヒテンシュタイン公国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

リヒテンシュタイン公国の国旗の由来・意味

リヒテンシュタイン公国の国旗は、赤と青は、18世紀のヴェンツェル大公の使用人の制服にちなんだもので、それぞれ暖炉で燃える火と青空を表現している。1936年のオリンピックでは、ハイチの国旗と同じで紛らわしかったので翌年左上に大公の冠を配した。冠は統治者と国民が一体となることを表現。

リヒテンシュタイン公国国旗の由来・意味

リヒテンシュタイン公国  国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 3:5  [国旗制定年] 1982年

スポンサーリンク

リヒテンシュタイン公国の基本情報

国名
リヒテンシュタイン公国 
英語による名称
Principality of Liechtenstein
人口
3.8万人
面積
160k㎡
(小豆島とほぼ同じ)
首都
ファドゥーツ
言語
独語
宗教
ローマ・カトリック76%
民族
リヒテンシュタイン人66%
通貨/レート
1スイス・フラン=117円
独立年月
国連加盟年月
1990.9
GNI/人

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました