Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

エルサルバドル国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

エルサルバドル共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「エルサルバドル共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

エルサルバドル共和国の国旗の由来・意味

エルサルバドル共和国の国旗は、青は空と海を表し、白は平和と調和のシンボル。19世紀前半に、この国を含んだ5カ国で構成していた中央アメリカ連邦の国旗がもとになってできた。政府用の国旗の比率は189:335という珍しいものであり、真ん中には国章がデザインされている。

エルサルバドル共和国 国旗の由来・意味

エルサルバドル共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 3:5  [国旗制定年] 1972年

スポンサーリンク

エルサルバドル共和国の基本情報

国名
エルサルバドル共和国 
英語による名称
Republic of El Salvador
人口
613万人
面積
21,041k㎡
(九州の約半分)
首都
サンサルバドル
言語
スペイン語
宗教
ローマ・カトリック57%、プロテスタント21%
民族
メスチソ90%
通貨/レート
1エルサルバドル・コロン=13円(米ドル併用)
独立年月
国連加盟年月
1945.1
GNI/人
3,940ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました