Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

「サモア独立国」の国旗由来・意味

「サモア独立国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

「サモア独立国」の国旗の由来・意味

植民地化される以前のサモアは紅白の国旗だったが、1948年に青と赤の旗が復活し、さらに翌年に星を1つつけ加えてできた。左上に描かれている南十字星は、この国が南半球に位置していることを示している。

サモア独立国 国旗の由来・意味

サモア独立国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 1:2  [国旗制定年] 1949年

スポンサーリンク

「サモア独立国」の基本情報

国名
サモア独立国 
英語による名称
Independent State of Samoa
人口
19万人
面積
2,842k㎡
(佐賀県よりやや大きい)
首都
アピア
言語
サモア語、英語
宗教
キリスト教98%
民族
ポリネシア系サモア人92.6%
通貨/レート
1サモア・タラ=44円
独立年月
1962.1
国連加盟年月
1976.12
GNI/人
3,930ドル

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました