Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

パプアニューギニア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

パプアニューギニア独立国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「パプアニューギニア独立国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

パプアニューギニア独立国の国旗の由来・意味

パプアニューギニア独立国の国旗は、学生のスーザン・カリケの図案を採用。赤と黒で斜めに塗り分けられた旗で、2色は伝統芸術や民族衣装などに使用される国民に親しみのある色である。左下に南十字星が、右上には国鳥のアカカザリフウチョウ(極楽鳥)のシルエットがある。

パプアニューギニア独立国 国旗の由来・意味

パプアニューギニア独立国 国旗の由来・意味

 


[国旗縦横比]
 3:4  [国旗制定年] 1971年

スポンサーリンク

パプアニューギニア独立国の基本情報

国名
パプアニューギニア独立国 
英語による名称
Independent State of Papua New Guinea
人口
762万人
面積
462,840k㎡
(日本の約1.25倍)
首都
ポートモレスビー
言語
ピジン英語、英語、モツ語
宗教
キリスト教96%、伝統的信仰
民族
メラネシア系パプア人
通貨/レート
1キナ=38円
独立年月
1975.9
国連加盟年月
1975.1
GNI/人
2,240ドル(2014)

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました