Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

マリ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

マリ共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「マリ共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

マリ共和国の国旗の由来・意味

マリ共和国の国旗は、旧宗主国であったフランス国旗をもとに汎アフリカ色を採用してできた旗。緑は農業と自然を表し、黄色は金などの鉱物資源を、赤は独立のために流された尊い血と勇気を表現している。

マリ共和国 国旗の由来・意味

マリ共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1961年

スポンサーリンク

マリ共和国の基本情報

国名
マリ共和国 
英語による名称
Republic of Mali
人口
1,760万人
面積
1,240,192k㎡
(日本の約3.3倍)
首都
バマコ
言語
仏語、バンバラ語
宗教
イスラム教90%
民族
バンバラ族、マリンケ族、ソニンケ族、プル族
通貨/レート
1CFAフラン=0.20円
独立年月
1960.9
国連加盟年月
1960.9
GNI/人
790ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました