INFORMATION

  • イラストマップ、FLASHマップご希望の方は事前に納期をお問い合わせ下さい。少々混み合っております。(2012.1.25)
  • HPリニューアルに伴い、商品ラインアップ・料金の見直しを行いました。再注文のお客様はご注意下さい。(2011.10.17)
地図路線の記号解説

地図の記号解説

ご活用事例

地図の中には、いろいろな記号が使われています。
記号で実際にあるものを表すと、文字を使って説明する必要がなく、全体をすっきりとさせることができます。
例えば、地形や道路、その場所にある施設、土地の使われ方、等高線や行政界などの境界線を記号で表現しています。
また、たくさんある地図記号は、表すものによって分類することができます。
ここでは地図でよく使われる記号について詳しく解説していますので、ぜひ地図を見るときの参考にしてください。

建物・その他構造物を表す地図記号
(たてもの・そのたこうぞうぶつ)

建物やその他構造物を表す記号は、住居やビルといった建物そのものを表したり、
建物がどのように使われているかを表す記号です。

PAGE TOP
植生を表す地図記号
(しょくせい)

植生を表す記号は、土地の使い方や植物の種類を表す記号です。
記号を見ると、何が育てられているのか、どのような植物がそこにあるか、などがわかります。

PAGE TOP
道路を表す地図記号
(どうろ)

道路を表す記号は、道路の種類を表す記号で、そのほとんどが線で表示されています。
ただし、国道には茶色の網点を入れ、路線番号をつけて表示します。

PAGE TOP
鉄道を表す地図記号
(てつどう)

鉄道の記号は、鉄道の種類を表す記号で、地図の骨組みと言われるほど重要な記号です。

PAGE TOP
目標物を表す地図記号
(もくひょうぶつ)

目標物を表す記号は、高い建物や煙突などの目印となる物や、記念碑など有名な物など、地図を使うときに
目標となる物を表す記号です。

PAGE TOP
特定地区を表す地図記号
(とくていちく)

特定地区を表す記号は、場所を特定できる地区を表す記号です。他の地区と区別する必要があり、状況によって
特定地区界、注記で表示します。


PAGE TOP