Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

アフリカの国旗由来

アフリカの国旗の由来・意味一覧

 

このページではアフリカ各国の国旗の由来・意味を一覧にまとめました。また、各国旗をタップすると、各国の国旗縦横比や制定年、基本情報などを詳しく解説をしているページへリンクします。国旗の雑学ページも合わせてご覧ください。

 

国旗の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

アフリカの国旗由来・意味

各国の国旗をクリックするとアフリカ54ヵ国の国旗の由来・意味を解説しています。

 

アフリカの国旗イラストを無料ダウンロードいただけます。ご利用ください。

国旗

レソト国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

レソト王国の国旗は、1966年以降3つめの旗で、独立したときのレソト帽のデザインを復活させた。青は空と雨を表し、白は平和を、緑は豊かな国土と繁栄を、黒はアフリカ大陸を表現している。3色の構成は、3:4:3で真ん中の白ラインが幅広になっている。
続きを読む
国旗

ルワンダ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ルワンダ共和国の国旗は、1999年にルワンダ政府は国旗を変更するように決めたが、2年かかってようやく制定された。青は青空と平和を表し、黄色は経済の発展と協調を、緑は農業と繁栄を、右上の金色の太陽は未来への希望と統一と無知との戦いを表現している。
続きを読む
国旗

リベリア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

リベリア共和国の国旗は、アメリカ合衆国で解放された黒人の奴隷が国を作ったので、星条旗の影響が大きい。11本の紅白の線は、独立宣言に署名した11人を表現している。
続きを読む
国旗

リビア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

リビアの国旗は、政権交代によって王政期時代の旗を再び使用。赤はフェザン地方と剣と力を表し、黒はキレナイカ地方とイスラムの闘争を、緑はトリポリタニア地方と高潔を表現。真ん中の白い新月と5角星はイスラムの象徴である。
続きを読む
国旗

モロッコ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モロッコ王国の国旗は、赤旗は今の王朝が300年以上使用していて、20世紀の初めにソロモンの印章というイスラム伝統の緑色で描かれた紋章を配した。市民用の海上国旗には、旗竿の上部に黄色の王冠がデザインされている。
続きを読む
国旗

モーリタニア・イスラム国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モーリタニア・イスラム共和国の国旗は、モーリタニアに限らず、国旗にはその国の文化や歴史、宗教が色濃く反映されている。地色の緑と、三日月と星はこの国がイスラム教国であることを意味する。黄色はサハラ砂漠の砂を表現。
続きを読む
国旗

モーリシャス国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モーリシャス共和国の国旗は、独立以降国旗の変更はない。上段から順に赤は独立のために流された血を表し、青はインド洋を、黄色は太陽の光と自由を、緑は農業を表現している。独立以前はイギリス国旗を旗竿の上部に配して、旗面に紋章をつけたデザインだった。
続きを読む
国旗

モザンビーク国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モザンビーク共和国の国旗は、かつてのモザンビーク解放戦線旗に国章の一部を配した図案。赤は植民地解放闘争を表し、緑は農業を、黒はアフリカ大陸を、黄色は鉱物資源を表現。白のラインは平和と正義のシンボルとなっている。
続きを読む
国旗

南スーダン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

南スーダン共和国の国旗は、2011年7月に独立して国連加盟国になった。黒はブラックアフリカを表し、白は独立闘争で手にした自由と平和を、赤は革命のために流された血を、緑は豊かな国土を表現。青い3角形はナイル川を表し、黄色のベツレヘムの星は国民の団結の象徴である。
続きを読む
国旗

南アフリカ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

南アフリカ共和国の国旗は、紋章つきの国旗以外では、世界で一番多くの色を採用。横のY字形は、国内のさまざまな人種が統一されて前進することを意味する。かつての旗は、オランダ旧国旗の中にイギリスなどの3つの国旗を並べたものだった。
続きを読む
スポンサーリンク

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました