Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

ボツワナ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ボツワナ共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「ボツワナ共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

ボツワナ共和国の国旗の由来・意味

ボツワナ共和国の国旗は、雨が少なくて水資源が貴重なこの国の人たちにとって、青は恵みの雨のシンボルである。黒と白の横縞は、黒人と白人が協力して平等な社会を作るという決意が込められている。同様の理由からシマウマはボツワナの動物に指定されている。

ボツワナ共和国 国旗の由来・意味

ボツワナ共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1966年

スポンサーリンク

ボツワナ共和国の基本情報

国名
ボツワナ共和国 
英語による名称
Republic of Botswana
人口
226万人
面積
582,000k㎡
(日本の約1.5倍)
首都
ハボローネ
言語
英語、ツワナ語
宗教
キリスト教72%、精霊信仰
民族
ツワナ族79%、カランガ族11%
通貨/レート
1プラ=10円
独立年月
1966.9
国連加盟年月
1966.1
GNI/人
6,510ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました