Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

「ネパール連邦民主共和国」の国旗由来・意味

「ネパール連邦民主共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

「ネパール連邦民主共和国」の国旗の由来・意味

1962年までの国旗には月と太陽に顔が描かれていた。3角を2つ重ねた珍しい国旗である。上の月は王室を表し、下の太陽は宰相一家を表現しているが、それと同時に月や太陽がある限りこの国が存続するようにとの願いも込められている。

ネパール連邦民主共和国 国旗の由来・意味

ネパール連邦民主共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 4:3  [国旗制定年] 1962年

スポンサーリンク

「ネパール連邦民主共和国」の基本情報

国名
ネパール連邦民主共和国 *2008年王政廃止、国号を「ネパール王国」から「ネパール連邦民主共和国」に改めた
英語による名称
Federal Democratic Republic of Nepal
人口
2,851万人
面積
147,181k㎡
(北海道の約1.8倍)
首都
カトマンズ
言語
ネパール語
宗教
ヒンドゥー教81%、仏教11%
民族
チェトリ、ブラーマンヒル、マガール、タール、タマン、ネワール族
通貨/レート
1ネパール・ルピー=1.1円
独立年月
国連加盟年月
1955.12
GNI/人
730ドル

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました