Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

モンテネグロ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モンテネグロの国旗イラスト 由来・意味を解説

「モンテネグロ」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

モンテネグロの国旗の由来・意味

モンテネグロの国旗は、赤地で周囲を金色で縁取り、真ん中に王冠をのせた双頭のワシの国章を配している。ワシの胸には聖マルコのライオンが歩いている姿を描いた盾があり、爪では王権の象徴である宝珠・王笏をつかんでいる。

モンテネグロ 国旗の由来・意味

モンテネグロ 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 1:2  [国旗制定年] 2004年

スポンサーリンク

モンテネグロの基本情報

国名
モンテネグロ *2006年6月旧セルビア・モンテネグロから分離、2007年10月モンテネグロ共和国から改称
英語による名称
Montenegro
人口
63万人
面積
13,812k㎡
(福島県とほぼ同じ)
首都
ポドゴリツァ
言語
セルビア語、モンテネグロ語
宗教
東方正教74%、イスラム教18%
民族
モンテネグロ人43%、セルビア人32%、ボスニア人8%、アルバニア人5%
通貨/レート
1ユーロ=128円
独立年月
2006.6
国連加盟年月
2006.6
GNI/人
7,240ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました