Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

ルワンダ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ルワンダ共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「ルワンダ共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

ルワンダ共和国の国旗の由来・意味

ルワンダ共和国の国旗は、1999年にルワンダ政府は国旗を変更するように決めたが、2年かかってようやく制定された。青は青空と平和を表し、黄色は経済の発展と協調を、緑は農業と繁栄を、右上の金色の太陽は未来への希望と統一と無知との戦いを表現している。

ルワンダ共和国 国旗の由来・意味

ルワンダ共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 2001年

スポンサーリンク

ルワンダ共和国の基本情報

国名
ルワンダ共和国 
英語による名称
Republic of Rwanda
人口
1,161万人
面積
26,338k㎡
(九州の約3分の2)
首都
キガリ
言語
仏語、英語、キニアルワンダ語
宗教
キリスト教94%
民族
フツ族84%、ツチ族15%
通貨/レート
1ルワンダ・フラン=0.15円
独立年月
1962.7
国連加盟年月
1962.9
GNI/人
700ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました