Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

中央アフリカ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

中央アフリカ共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「中央アフリカ共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

中央アフリカ共和国の国旗の由来・意味

中央アフリカ共和国の国旗は、フランス国旗の青・白・赤と汎アフリカ色の緑・黄・赤を組み合わせて5色で構成され、中央の縦ラインの赤は、両者が持っている赤い血と情熱のシンボルである。緑は農業と森林部の住民を表し、黄色は地下資源とサバンナ地帯の住民を表現している。

中央アフリカ共和国 国旗の由来・意味

中央アフリカ共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1958年

スポンサーリンク

中央アフリカ共和国の基本情報

国名
中央アフリカ共和国 
英語による名称
Central African Republic
人口
490万人
面積
622,984k㎡
(日本の約1.7倍)
首都
バンギ
言語
仏語、サンゴ語
宗教
キリスト教50%、精霊信仰35%
民族
バヤ族33%、バンダ族27%
通貨/レート
1CFAフラン=0.20円
独立年月
1960.8
国連加盟年月
1960.9
GNI/人
320ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました