Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

フィンランド国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

フィンランド共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「フィンランド共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

フィンランド共和国の国旗の由来・意味

フィンランド共和国の国旗は、独立する前にいろいろな旗の提案がされたが、詩人ザクリス・トぺリウスによって雪の白と湖の青こそがフィンランドにふさわしいと主張され、それを採用。1978年に青の色調が変わった。北ヨーロッパ諸国に多いスカンジナビアクロスのデザイン。

フィンランド国旗の由来・意味

フィンランド国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 11:18  [国旗制定年] 1978年

スポンサーリンク

フィンランド共和国の基本情報

国名
フィンランド共和国 
英語による名称
Republic of Finland
人口
550万人
面積
338,436k㎡
(日本よりやや小さい)
首都
ヘルシンキ
言語
フィンランド語、スウェーデン語
宗教
キリスト教85%(ルーテル派83%)
民族
フィンランド人(フィン族)93%
通貨/レート
1ユーロ=128円
独立年月
国連加盟年月
1955.12
GNI/人
46,360ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました