Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

地図記号の由来・意味一覧

地図記号の由来・意味一覧【印刷プリント付】

このページでは地図記号を覚えやすくするために各記号の由来と意味を一覧にまとめました。

地図記号はなんと90以上もあります。これだけ数があると一覧があっても覚えるのは一苦労でしょう。

そこで、当サイトでは6つのカテゴリに分類しました。カテゴリは植生・自然物、②建物・その他構造物、③特定地区、④目標物、⑤鉄道、⑥道路に分かれています。また、各地図記号をタップすると、写真や地図を使ってより詳しい解説をしているページへリンクします。

地図記号の学習方法ページも合わせてご覧ください。

 

地図記号の由来・意味一覧

植生・自然物の地図記号の由来・意味一覧 【13種】

地図でより身近に感じられるのは、田んぼや畑、果樹園などの記号ではないでしょうか。

植生というのは、その土地の風土を示しているからです。日本は基本的に稲作地帯ですが、畑ばかり存在するエリアもあります。きっとそこには、稲作が出来ない理由があるはず。そんな風に色々な想像が働くのも植生・自然物を表す地図記号の面白いところです。

記号の形の意味も、自然物だけあって非常に覚えやすく、親しみが持てるのではないでしょうか。

↓地図記号タップで由来・意味を実際の写真解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
田の地図記号 水田を表しています。栽培している作物は、稲、蓮(はす)、い草、わさび、せりなどです。 稲を刈り取ったあとの水田の様子を記号にしています。
畑の地図記号 陸稲(おかぼ)、野菜、芝、パイナップル、牧草などを栽培している畑を表しています。 植物が芽吹く時の「二葉」(ふたば)の形に由来した形の記号になっています。
桑畑の地図記号 桑畑 桑を栽培している畑を表しています。 桑の葉は、蚕の幼虫のえさとなります。桑の木を横から見た形に由来した記号です。
茶畑の地図記号 茶畑 お茶の葉を栽培している畑を表しています。 お茶の実を半分に切ると、三つに分かれたような形になっているので、その形に由来した記号となっています。
果樹園の地図記号 果樹園 果物を栽培している土地を表しています。りんごやみかん、ぶどう、梨、栗などの果樹を差します。りんごや梨を表した形となっています。
その他の樹木畑の地図記号 その他の果樹園 庭木や苗木などを栽培している土地を表しています。例えば、きり、はぜ、こうぞなどの樹木です。 木を真上から見た形を表した記号となっています。
広葉樹林の地図記号 広葉樹林 幅の広い広葉樹が隙間無く生えている場所を表しています。基本的には、木の高さは 2 メートル以上としていますが、2 メートルより低くても植林している場所はこの記号で表すことができます。広葉樹を横から見た形に由来した記号となっています。
針葉樹林の地図記号 針葉樹林 松や杉などの針葉樹が隙間無く生えている場所を表しています。基本的には、気の高さは 2 メートル以上としていますが、苗木を植えたところでは 2 メートル未満でもこの記号を使用します。 記号の形は、杉の木を横から見た形に由来しています。
竹林の地図記号 竹林 竹が隙間無く生えている場所を表した記号です。 「竹が生えている様子とその影」に由来した形の記号となっています。
ヤシ科樹林の地図記号 ヤシ科樹林 大型の熱帯植物が生えている場所を表しています。 ヤシ科植物や大型のシダ植物、タコノキ、ガジュマルなどを指します。 記号の形はヤシの木を横から見た様子に由来しています。
ハイマツ地の地図記号 ハイマツ地 高い山のなかで、ハイマツ(遺松)が隙間無く生えている場所を表しています。ハイマツとは、木の高さが低いマツの木の仲間です。
笹地の地図記号 笹地 笹が隙間無く生えている場所を表しています。笹だけでなく篠竹も含みます。笹地と竹林の記号はよく似ているのでえ、注意が必要です。
荒地の地図記号 荒地 あまり利用されずに雑草などが生えている場所を表します。雑草が生えた湿地や沼地なども含みませす。雑草が生えているような様子に由来した記号となっています。

「植生」・「自然物」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

「植生・自然物」の地図記号13種プリント

↑「植生・自然物」の地図記号13種プリント↑

PDFでダウンロード

 

建物・その他構造物の地図記号の由来・意味一覧 【31種】

お馴染み郵便局のマークから、神社の鳥居、まんじ型の寺院、文京マークの学校などお馴染みのマークが続きます。

その郵便局マークですが、何故「テ」の字のような形をしているのか知っていますか?

これは郵政省の前身である逓信省の「テ」から来ているのです。また、消防署の「Y」字は、かつての消火器具、「さすまた」をかたどっていたりと、時代を感じさせるものもあります。

↓地図記号タップで由来・意味を実際の写真解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
独立建物(小)の地図記号 独立建物 ( 小 ) 短辺が 10 メートル以上で 25 メートル未満の建物。 ただし、必ずし短辺が 10メートル以上あるとは限らず、必要な場合は 10 メートル未満でも この記号で表されることがあります。
独立建物(大)の地図記号 独立建物 ( 大 ) 独立建物(小)に対して、建物の短辺が 25 メートル以上の大きな建物を表す記号です。大学
などで用いられています。
中高層建物の地図記号 中高層建物 建物の短辺が 25 メートル以上あり、かつ高さが 10 メートル(地上から 3 階相当)以上ある建てものを表しています。 中高層建物の記号は、独 立 し た 建 物 を 表 し て い ま す。大きな駅などで用いられています。
建物類似の構築物の地図記号 建物類似の構築物 上から見た形で表されています。 動物園の檻や畜舎、飛行機の格納庫、ガス・石油タンクなどに用いられます。 短辺が 25 メートル未満の場合は、25 メートルとして表示しています。
総描建物(小)の地図記号 総描建物 ( 小 ) 建物が密集している地域のなかで、短辺が 25 メートル未満のものを表しています。 商店街などの密集地の中で、記号を表示する建物がある場合に利用します。
総描建物(大)の地図記号 総描建物 ( 大 ) 建物が密集している地域の中にある短辺が 25 メートル以上のものを表します。 ただし、この地域の中に、ほかの記号で表示できる建物がある場合は、その記号を用います。
中高層建築街の地図記号 中高層建築街 この記号は総描建物(大)で表されている地域の中で、高さが 10 メートル(地上 3 階相当の高さ)以上の建物のある地域を示しています。 大きな建物が立ち並ぶ、繁華街などでも利用されています。
市役所の地図記号 市役所 各地域の市役所と東京都の区役所を表しています。市役所の支所や出張所では、この記号は使いません。
町村役場の地図記号 町村役場 政令指定都市政令指定都市の区役所と町村役場を表しています。支所や出張所の場合は、この記号は使いません。(政令指定都市:札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、静岡市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、北九州市、福岡市)
官公署の地図記号 官公署 国や地方の役所でありながら、税務署や保健所などのように独自の記号がないものに使われます。漢字の「公」にちなんだ形の記号になっています。
裁判所の地図記号 裁判所 昔は裁判の内容を立て札に書いていたことから、この形の記号になっています。この記号であらわされている裁判所は、高等・地方・家庭・簡易裁判所です。最高裁判所は名前で地図上に記すため、この記号は用いません。
税務署の地図記号 税務署 国の役所である税務署を表しています。そろばんの玉に由縁した記号の形になっています。税金を集めたり、管理したりしています。
森林管理署の地図記号 森林管理署 漢字の「木」からこの形になっています。森林管理署は国の役所のひとつで、国有林の維持や管理を行っています。支所や事務所もこの記号で表します。
気象台の地図記号 気象台 昔かぜの早さを計測していた風速計にちなんだ形になっています。国の役所である気象台や測候所を表しています。気象台では、毎日の天気予報を発表するなどしています。
消防署の地図記号 消防署 消防署を表しているだけでなく、出張所や分遣所も表しています。消防士がいるところは、すべてこの記号を使用することができます。昔、火を消す際に使われていた「さすまた」の形からこの記号が作られています。
保健所の地図記号 保健所 都道府県にある保健所を表しています。ただし、出張所や事務所、分室などにはこの記号は使用しません。病院の記号と似ているので、注意が必要です。
警察署の地図記号 警察署 警察署をあらわしています。交番の記号は別のものになります。また、警察庁や警視庁、警察学校については、注記や官公署の記号で表すことになります。「警棒を交差させている」ところを表した記号となっています。
交番の地図記号 交番 交番だけでなく、派出所や駐在所も表しています。 警察署の記号と同じように、「警棒を交差させている」ところを表した記号となっていますが交番と警察署の記号を区別するために、交番の記号は○がありません。
郵便局の地図記号 郵便局 普通郵便局や特定郵便局、簡易郵便局を表しています。分室や常設の出張所も含めていますが、地下街にある場合はこの記号は用いません。 見慣れているので、分かりやすい記号です。
小・中学校の地図記号 小・中学校 漢字の「文」を表した形になっています。小学校または中学校に、この記号を用います。
高等学校の地図記号 高等学校 高等学校を表しています。 小・中学校の記号と分かりやすく区別するために○で囲んでいます。
高等専門学校の地図記号 高等専門学校 高等専門学校を表しています。地図上で学校名を記すこともありますが、それができない場合にこの記号を使用します。
短期大学の地図記号 短期大学 短期大学を表しています。「文」の記号の上に「短大」と書いてある記号です。地図上に学校名を記すことができない場合に使用します。
大学の地図記号 大学 大学を表しています。 「文」の記号の上に「大」と書いてある記号です。 地図上に学校名を表記できないときなどに使用する記号です。
病院の地図記号 病院 個人以外の病院、国や県、市などが運営している病院を表しています。個人が運営している病院や診療所には、この記号は用いません。
博物館の地図記号 博物館 博物館のほか、美術館や歴史館も表しています。 博物館法に基づいた博物館や同じような施設を差しています。 水族館や動物園、植物園は含みません。
図書館の地図記号 図書館 公立の図書館を表しています。分館にはこの記号は用いません。本の開いた様子を表した記号となっています。
神社の地図記号 神社 目標となるような大きな神社や有名な神社に用いられます。神道教会などに所属している建物には、この記号は使いません。 参道の入口などにある「鳥居」の形を表しています。
寺院の地図記号 寺院 目標となるような大きなお寺や有名な寺院を表します。卍(まんじ)の形を表した記号となっています。
老人ホームの地図記号 老人ホーム 老人福祉法に基づいた老人福祉施設のうち、特別養護老人ホームや第1種社会福祉事業の養護老人ホーム、軽費老人ホームを表しています。大きな建物は目印になります。
フェリーの地図記号 フェリー 川や湖、海で、人や貨物を運ぶための船が行き来する船を表しています。この記号では、フェリーを表すほかに、人や車両を運ぶ船の発着地点と航路を表しています。

「建物」「その他構造物」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

「建物・その他構造物」の地図記号31種プリント

↑「建物・その他構造物」の地図記号31種プリント↑

PDFでダウンロード

 

特定地区の記号の由来・意味一覧 【13種】

特定地区とは何?

と思われるかもしれませんが、これら記号は場所が特殊な用途として使用されており、場所によっては他の地区と区別する必要があり、状況によって特定地区界、注記で表示します。

歯車型の工場や、それに手の生えたような発電所などは小学生の頃に習った記憶がある人も多いのではないでしょうか?また、温泉や城跡などもこの分類に入ります。

↓地図記号タップで由来・意味を実際の写真解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
墓地の地図記号 墓地 お墓がある場所を表しています。墓地の広さが 75 メートル ×75 メートル以上の場合は、特定地区界で囲みます。この記号はお墓を横からみた様子に由来しています。
工場の地図記号 工場 地域で目標となりやすい場所に、工場がある場合にこの記号で地図上に表します。敷地が 125 メートル ×125 メートル以上の大きな工場の場合は、名前で表すこともあります。
自衛隊関係の地図記号 自衛隊関係 自衛隊法という法律で決められた機関を表しています。防衛本庁や防衛大学校などは、この記号を使用せず、官公署の記号を用います。
発電所等の地図記号 発電所等 発電所と変電社をあらわしています。管理施設などの建物がある場所に表示します。歯車と電気回路の形に由来した記号となっています。
温泉の地図記号 温泉 温泉法で決められた温泉や鉱泉がある場所を示しています。温泉の出ている場所と、浴場が離れている場合は、浴場の場所にもこの記号を用いることがあります。湯けむりを表した記号となっています。
噴火口・噴気口の地図記号 噴火口・噴気口 噴火や噴気をしている場所を表しています。また、数年間休止していても噴火や噴気が起こると予想される場所にもこの記号を用います。
採鉱地の地図記号 採鉱地 鉱物の採掘場の中心を表しています。すでに廃坑となっている場所は、この記号と一緒に(廃坑)と示されています。
採石場の地図記号 採石場 建築などに使う石などの材料を採る場所を示しています。土がけた岩がけの形を表した記号となっています。
城跡の地図記号 城跡 以前にお城があった場所を示しています。現在でも天守閣ややぐら、石垣などがある場合もこの記号を用います。
重要港の地図記号 重要港 港湾法で決められた「重要港湾」を表しています。記号は、港域ほぼ中央の位置に表示します。そして名前の注記も必要です。
地方港の地図記号 地方港 港湾法で決められた「地方港湾」を表します。また、暴風雨のときなどに小型船舶が避難するための港も含みます。港域の中央に記号を表示します。
漁港の地図記号 漁港 漁港法で決められた漁港に用いられます。第一種漁港と決められている場所には、この記号は使用しません。港域のほぼ中央にこの記号を表示します。
史跡・名勝・天然記念物の地図記号 史跡・名勝・天然記念物 文化財保護法で定められた史跡や名勝、天然記念物の場所を表します。その名称も一緒に表示ます。特別な物の場合には、名称と一緒に(特)と記します。

「特定地区」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

「特定地区」の地図記号13種プリント

↑「特定地区」の地図記号13種プリント↑

PDFでダウンロード

 

目標物の地図記号の由来・意味一覧 【8種】

目標物を表す記号は煙突や電波塔などの目印となる物や、記念碑など有名な物など、地図を使うときに目標となる物を表す記号です。

馴染みのないものが多いですが、灯台はしばしば学校のテストに出題されていたりしますね。

↓地図記号タップで由来・意味を実際写真で解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
高塔の地図記号 高塔 4 本の脚が東京タワーの上から見える様子に由来しています。五重塔や展望台、送電線の鉄塔を示し、火のやぐらや給水塔を表すこともあります。
記念碑の地図記号 記念碑 立像など、有名な記念碑を表しています。その地域の目標となりやすい場合は、有名でなくてもこの記号を使用します。
煙突の地図記号 煙突 特に大きな煙突を示しています。 煙突とその煙を表した記号の形となっています。
電波塔の地図記号 電波塔 電波の送受信を行う塔を表しています。テレビやラジオ、無線通信などの電波を扱います。この記号は、アンテナと電波をイメージした形になっています。
油井ガス井の地図記号 油井・ガス井 油井ガス井(ゆせい がすせい)を表しています。現在採取中であり、目標となる施設がある場合に、この記号を利用します。
灯台の地図記号 灯台 すべての灯台を表しています。この記号は、灯台は放つ光が広がる形に由来した記号になっています。
風車の地図記号 風車 発電をするために設置された風車を表します。目標となりやすい場所にある風
車に利用される記号です。
坑口の地図記号 坑口 坑口(こうこう)を表しています。道路や水路、鉄道などが地下に入る部分を指します。トンネルの入口をイメージした記号となっています。

「目標物」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

「目標物」の地図記号8種プリント

↑「目標物」の地図記号8種プリント↑

PDFでダウンロード

 

国の骨、鉄道・道路交通網

土地利用や建物の地図記号と異なり、誰でもわかるであろう地図上の鉄道路線や道路網。

しかし、これもじっくり見ているとなかなか面白いものに出会えます。どうして、線路が迂回して通っているのかと考えてみたりするのも面白いですし、通常の路線図に載っていない線路が書かれているなんていうこともあります。

また、日本中をくまなく見てみると、川の下を道路が通っていたなんて発見もあるかもしれません。

鉄道の地図記号の由来・意味一覧 【15種】

車窓風景を眺めながら、ゆっくりと進むローカル列車の旅。地図を片手に行けば、楽しさも倍増です。今自分はどこを走っていて、見知らぬ街の川や山の名前が一目でわかるというのは良いものです。

さらに、昔から鉄道が生活の一部となっている日本人にとって、鉄道路線と言うのは、そのエリアの地理情報をおさえる一種の指標にもなっています。頭の中に地図を描くとき、皆さんもまずは鉄道の線路を基準に考えてしまうのではないでしょうか?ただ、鉄道の路線にも地図上ではいくつか種類があるので紹介します。

JRか、JR以外(私鉄など)かくらいの違いは覚えておきたいものです。

↓地図記号タップで由来・意味を実際の写真解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
JR線(単線)の地図記号 JR 線 ( 単線 ) JR 線の単線区間を表しています。他の私鉄の場合は違う記号になります。駅と駅の間で複線になる区間がある場合でも、単線のこの記号を利用します。
JR線(複線)の地図記号 JR 線 ( 複線 ) JR 線の複線以上の区間を表しています。複線とは、線路が上下線で別になっていて、平行してあることです。駅の途中から複線になる場合は、単線の記号で表します。
JR線以外(単線)の地図記号 JR 線以外 ( 単線 ) JR 線以外の民間会社などが経営している鉄道の単線区間を表しています。駅と駅の間から複線になる場合も、単線ので表します。
JR線以外(複線)の地図記号 JR 線以外 ( 複線 ) JR 線以外の民間会社などが経営している鉄道の複線の区間を表しています。複線とは、上下線の線路が平行してあることです。駅と駅の間から複線になる場合は、単線の記号で表されます。
貨物線(JR線以外)の地図記号 貨物線 (JR 線以外 ) JR 線以外の鉄道路線で貨物輸送を行う列車が通る線路を表します。都市部では、旅客列車の線路とは区別して建設されています。
地下鉄および地下式鉄道の地図記号 地下鉄および地下式鉄道 地下を鉄道が走っているところに使用します。 地下鉄が部分的に地上を走る区間もありますが、その部分は普通鉄道の記号で表します。
路面電車の地図記号 路面電車 路面電車(道路上を走る鉄道)を表しています。 単線と複線の区別はありません。
特殊鉄道の地図記号 特殊鉄道 特殊鉄道を表しています。特殊鉄道とは、物資を運搬するための鉄道のことです。工場の敷地内や、採石場から工場へ繋がる鉄道などです。運ぶものは、貨物だけで、ほかの線路とは繋がっていません。
リフト等の地図記号 リフト等 ロープウェイやスキーリフト、ベルトコンベアーなどを表しています。大きなもので、すぐにはなくならないものが対象です。
建設中又は運行停止中の鉄道(JR線)の地図記号 建設中又は運行休止中の鉄道 (JR 線 ) JR線の中で現地調査時に建 設中だったり、一時的に運休している普通鉄道に用いられます。
建設中又は運行停止中の鉄道(JR線以外)の地図記号 建設中又は運行休止中の鉄道 (JR 線以外 ) 現地調査時に建設中であった場合に用いられます。 運行休止中の鉄道とは、普通鉄道の中で一時的に運行していないもののことです。
側線の地図記号 側線 側線を表しています。側線とは本線以外の線路のことで、列車の組み替えや貨物の積み降ろしなどに利用されます。
鉄道橋の地図記号 鉄道橋 川にかかる橋や立体交差部や高架部を表しています。長さは 20 メートル以上のものが対象です。20 メートル未満でも有名な橋は、この記号で表示することもあります。
トンネルの地図記号 トンネル 鉄道が地下を通るトンネルを表しています。近くに複数トンネルがある場合でも、全てこの記号で表します。
雪覆い等の地図記号 雪覆い等 道路が雪に覆われる場所を示しています。

「鉄道」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

↑「鉄道・道路交通網」の地図記号15種プリント↑

PDFでダウンロード

 

道路の地図記号の由来・意味一覧 【12種】

地図を見ながらドライブ・・・というわけにはいきませんので、なかなか馴染みが薄いと思われる道路の記号を紹介します。そのほとんどが線で表示されているだけですから、特に解説不要とは思いますが。

ただし、国道には茶色の網点を入れ、路線番号をつけて表示したり、有料道路には点を打つなどといった特徴があります。

↓地図記号タップで由来・意味を実際の写真解説↓

地図記号 記号名 由来・意味
真幅道路の地図記号 真幅道路 道幅が25メートル以上の道路を表しています。道幅が25メートル未満の道路の場合は、一定の幅に記号化した記号道路で表します。
4車線以上道路の地図記号 4 車線以上道路 道路の幅が13メートル以上あり、25メートル未満の道路を表しています。地図上では、1ミリメートルの幅に記号化した記号道路で示します。
2車線道路の地図記号 2 車線道路 道路の幅が5.5メートル以上あり、13メートル未満の道路を表しています。地図上では、0.8 ミリメートルに記号化して示します。
1車線道路の地図記号 1 車線道路 道路の幅が、3メートル以上 5.5 メートル未満の道路です。地図上では 4ミリメートルの幅の記号になります。
軽車道の地図記号 軽車道 道路の幅が、1.5 メートル以上 3 メートル未満です。 地図上で、表示の必要性が低い場合は表示しないこともある道路です。
徒歩道の地図記号 徒歩道 道の幅が 1.5 メートル未満であり、下記の条件にあてはまる道路となります。
1、レクリエーション(観光や登山)によく   利用される
2、集落同士を結ぶための道路
3、主要な場所へ続いている道路
国道の地図記号 国道 道路法という法律で決められている道路(高速自動車道、都市高速道路、一般国道)を表している記号です。一般の道路と区別しやすいように、茶色のアミ点で地図上に描かれます。
有料道路と料金所の地図記号 有料道路と料金所 道路を使用する時に、通行料を払う必要がある道路を表します。 料金所の記号もあり、料
金を支払う施設がある場所を示しています。
建設中の道路の地図記号 建設中の道路 現地調査時に、建設中の道路を表す記号です。 数年後には、地図記号が変わる可能性があります。
分離帯の地図記号 分離帯 分離帯とは、上下線を隔てる構造物のことです。この記号では幅が 20メートル以下のものを表しています。幅が 20 メートルより広い分離帯は、上下線を別の道路として表します。
トンネルの地図記号 トンネル 地下を通る道路を表しています。 複数の道路があり、ちかくに複数のトン
ネルがある場合もそれぞれこの記号で表示します。
石段の地図記号 石段 傾斜地に作られた階段を表しています。大きなものや目標になりやすいものなどにこの記号が利用されています。

「道路」の地図記号一覧のなぞりえを用意しました。たくさん書いて覚えましょう。ダウンロードしてご利用ください。

「道路」の地図記号12種プリント

↑「道路」の地図記号12種プリント↑

PDFでダウンロード

 

スポンサーリンク
地図・路線図職工所をフォローする
タイトルとURLをコピーしました