Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

ヨーロッパの国旗由来

ヨーロッパの国旗の由来・意味一覧

 

このページではヨーロッパ各国の国旗の由来・意味を一覧にまとめました。また、各国旗をタップすると、各国の国旗縦横比や制定年、基本情報などを詳しく解説をしているページへリンクします。国旗の雑学ページも合わせてご覧ください。

 

国旗の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

ヨーロッパの国旗由来・意味

各国の国旗をクリックするとヨーロッパ43ヵ国の国旗の由来・意味を解説しています。

 

ヨーロッパの国旗イラストを無料ダウンロードいただけます。ご利用ください。

国旗

ロシア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ロシア連邦の国旗は、帝政時代の国旗を復活させたもの。ピョートル大帝がオランダ国旗の色からとり、白・青・赤はスラブ3原色と呼ばれる。かつてのソ連邦時代に使用した赤旗は、社会主義国の旗のモデルとなっていた。
続きを読む
国旗

ルーマニア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ルーマニアの国旗は、左から青・黄・赤の3色は、19世紀まで存在したワラキアとモルダビアの2つの公国の国旗に由来している。王国時代や社会主義の時代には国章を配していたが、今ではつけられていない。
続きを読む
国旗

ルクセンブルク国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ルクセンブルク大公国の国旗は、上段から赤・白・水色で構成される3色旗。この3色は国章の色からきているが、フランス革命の影響があって1815年に採用した。オランダの国旗に似ているが、青色の濃さと比率が異なっている。
続きを読む
国旗

リヒテンシュタイン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

リヒテンシュタイン公国の国旗は、赤と青は、18世紀のヴェンツェル大公の使用人の制服にちなんだもので、それぞれ暖炉で燃える火と青空を表現している。1936年のオリンピックでは、ハイチの国旗と同じで紛らわしかったので翌年左上に大公の冠を配した。冠は統治者と国民が一体となることを表現。
続きを読む
国旗

リトアニア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

リトアニア共和国」の国旗は、中世時代のリトアニア大公国は、白地に騎士をデザインした旗を使用していたが、今は1918年の独立時の旗の比率を変更して使っている。赤は祖国愛と勇気を表し、緑は豊かな森と希望を、黄色は小麦が実る平野と自由の象徴である。
続きを読む
国旗

ラトビア国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ラトビア共和国の国旗は、世界中の国旗の中でも、もっとも古い旗の1つである。1279年のドイツ騎士団との戦闘で、指揮官の白い布についた血の色にちなんでいる。再独立のときに1918年から1940年に使用された旗をもう一度採用した。
続きを読む
国旗

モンテネグロ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モンテネグロの国旗は、赤地で周囲を金色で縁取り、真ん中に王冠をのせた双頭のワシの国章を配している。ワシの胸には聖マルコのライオンが歩いている姿を描いた盾があり、爪では王権の象徴である宝珠・王笏をつかんでいる。
続きを読む
国旗

モルドバ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モルドバ共和国の国旗は、中央の国章を除くと隣の国のルーマニアと同じである。モルドバとルーマニアは同じ民族であるため深く関わっている。真ん中の国章は19世紀まで存在したモルダビアとワラキア両公国の紋章にちなんだもので、ワシとウシの頭などがデザインされている。
続きを読む
国旗

モナコ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モナコ公国の国旗は、赤と白の2色は、13世紀以降にこの土地を支配し続けてきたグリマルディ公家の紋章の色。14世紀からモナコの国民色になっているが特別な意味はない。政府用の国旗は白地に国章を配したデザインである。
続きを読む
国旗

マルタ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

マルタ共和国の国旗は、左上に配された十字は、住民がナチスドイツに抵抗したのを記念してイギリスから贈られたセントジョージ勲章に由来する。一説によると、中世にノルマン公が紅白でこの島の旗を作ったことにちなんでいる。
続きを読む
スポンサーリンク

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました