Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

モロッコ国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

モロッコ王国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「モロッコ王国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

モロッコ王国の国旗の由来・意味

モロッコ王国の国旗は、赤旗は今の王朝が300年以上使用していて、20世紀の初めにソロモンの印章というイスラム伝統の緑色で描かれた紋章を配した。市民用の海上国旗には、旗竿の上部に黄色の王冠がデザインされている。

モロッコ王国 国旗の由来・意味

モロッコ王国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1915年

スポンサーリンク

モロッコ王国の基本情報

国名
モロッコ王国 
英語による名称
Kingdom of Morocco
人口
3,438万人
面積
446,550k㎡
(日本の約1.2倍)
首都
ラバト
言語
アラビア語、ベルベル語、仏語
宗教
イスラム教99%
民族
ベルベル人45%、アラブ人44%
通貨/レート
1ディルハム=12円
独立年月
1956.3
国連加盟年月
1956.11
GNI/人
3,040ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました