Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

ミャンマー国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

ミャンマー連邦共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「ミャンマー連邦共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

ミャンマー連邦共和国の国旗の由来・意味

ミャンマー連邦共和国の国旗は、1974年から使用してきた赤旗をやめ、上段から黄・緑・赤の3色旗とした。真ん中の大きな白星は永続する連邦を意味する。黄色は国民の団結を表し、緑は豊かな自然と平和と安らかさを、赤は決意と勇気を表現している。


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 2010年

スポンサーリンク

ミャンマー連邦共和国の基本情報

国名
ミャンマー連邦共和国 
英語による名称
Republic of the Union of Myanmar
人口
5,390万人
面積
676,577k㎡
(日本の約1.8倍)
首都
ネーピードー
言語
ミャンマー(ビルマ)語
宗教
仏教89%、キリスト教4%
民族
ビルマ人68%、シャン族、カレン族、ラカイン族
通貨/レート
1チャット=0.093円
独立年月
1948.1
国連加盟年月
1948.4
GNI/人
1,278ドル(2014)

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました