Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

東ティモール国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

「東ティモール民主共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

東ティモール民主共和国の国旗の由来・意味

東ティモール民主共和国の国旗は、1975年11月に独立宣言をした際に使った旗を修正した図案である。赤は独立戦争で流された血を表し、黒は植民地時代の暗黒と克服するべき困難を、黄色は植民地主義の傷跡を表現。白は平和を表し、星の形は未来への希望のシンボルである。

東ティモール民主共和国 国旗の由来・意味

東ティモール民主共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 1:2  [国旗制定年] 2002年

スポンサーリンク

東ティモール民主共和国の基本情報

国名
東ティモール民主共和国 
英語による名称
The Democratic Republic of Timor-Leste
人口
119万人
面積
14,919k㎡
(東京、千葉、埼玉、神奈川の合計面積とほぼ同じ)
首都
ディリ
言語
テトゥン語、ポルトガル語、インドネシア語、英語
宗教
ローマ・カトリック98%
民族
マレー・ポリネシア人、パプア人
通貨/レート
1米ドル=113円
独立年月
2002.5
国連加盟年月
2002.9
GNI/人
1,920ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました