Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

キプロス国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

「キプロス共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

キプロス共和国の国旗の由来・意味

キプロス共和国の国旗は、旗の中央にキプロス島をかたどったデザインが施され、その下にオリーブの枝があしらわれている。国連旗の発想と似通っている。オリーブの枝は、トルコ系とギリシャ系の両国民の平和と協力を表し、黄色は古来からの特産品や銅などの豊富な地下資源を表現している。

キプロス共和国 国旗の由来・意味

キプロス共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 2006年

スポンサーリンク

キプロス共和国の基本情報

国名
キプロス共和国 
英語による名称
Republic of Cyprus
人口
117万人
面積
9,251k㎡
(四国の約半分)
首都
ニコシア
言語
ギリシャ語、トルコ語、英語
宗教
ギリシャ正教78%、イスラム教18%
民族
ギリシャ系78%、トルコ系18%
通貨/レート
1ユーロ=128円
独立年月
1960.8
国連加盟年月
1960.9
GNI/人
25,930ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました