Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

中華人民共和国国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

中華人民共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「中華人民共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

中華人民共和国の国旗の由来・意味

中華人民共和国の国旗は、「五星紅旗」と呼ばれ、1949年に3000ほどのデザインの中からコンテストで優勝した曽連松のものを修正して国旗にした。中国革命と中国人民の一致団結のシンボルであり、階級や民族を表すという説は否定的である。

中華人民共和国 国旗の由来・意味

中華人民共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1949年

スポンサーリンク

中華人民共和国の基本情報

国名
中華人民共和国 
英語による名称
People’s Republic of China
人口
138,393万人 *香港(729万人、1,106k㎡)、マカオ(59万人、30k㎡)を含む。台湾(2,343万人、36,194k㎡)を含まない。
面積
9,598,097k㎡ *香港(729万人、1,106k㎡)、マカオ(59万人、30k㎡)を含む。台湾(2,343万人、36,194k㎡)を含まない。
(日本の約25倍)
首都
北京(ペキン)
言語
中国語
宗教
道教、仏教
民族
漢民族91%
通貨/レート
1元=17円 *1香港ドル=15円、1パカタ=14円(マカオ)
独立年月
1949.1
国連加盟年月
1945.10
GNI/人
7,820ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました