Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

レバノン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

レバノン共和国の国旗イラスト 由来・意味を解説

「レバノン共和国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

レバノン共和国の国旗の由来・意味

レバノン共和国の国旗は、真ん中に描かれたこの国のシンボルであるレバノン杉は聖書にも登場し、フランス統治時代には3色旗の中に配されていた。白は雪山と純潔を表し、赤は勇気と植民地支配と戦った戦士の尊い血を表現している。

レバノン共和国 国旗の由来・意味

レバノン共和国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1943年

スポンサーリンク

レバノン共和国の基本情報

国名
レバノン共和国 
英語による名称
Republic of Lebanon
人口
585万人
面積
10,452k㎡
(岐阜県とほぼ同じ)
首都
ベイルート
言語
アラビア語、英語、仏語
宗教
イスラム教60%、キリスト教39%
民族
アラブ人95%
通貨/レート
1レバノン・ポンド=0.075円
独立年月
1943.11
国連加盟年月
1945.1
GNI/人
7,930ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました