Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

ブータン国旗の由来・意味や特徴をイラスト解説

「ブータン王国」の国旗の由来・意味や首都、面積、言語などの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

ブータン王国の国旗の由来・意味

ブータン王国の国旗は、旗に竜を配するのは、国民に崇拝されているのと同時に中国の影響を受けているから。黄色は王家の権威を表し、オレンジ色はラマ教(チベット仏教)の修行を、白は純潔と忠誠を象徴している。

ブータン王国 国旗の由来・意味

ブータン王国 国旗の由来・意味


[国旗縦横比]
 2:3  [国旗制定年] 1972年

スポンサーリンク

ブータン王国の基本情報

国名
ブータン王国 
英語による名称
Kingdom of Bhutan
人口
78万人
面積
38,394k㎡
(九州よりやや小さい)
首都
ティンプー
言語
ゾンカ語
宗教
チベット仏教75%
民族
チベット系50%、ネパール系35%
通貨/レート
1ニュルタム=1.7円
独立年月
1949.8
国連加盟年月
1971.9
GNI/人
2,370ドル

 

 

スポンサーリンク

その他の国旗由来・意味

その他の国旗由来・意味を確認したい方は各記号をクリックしてください。

アジア

アフリカ

オセアニア

ヨーロッパ

北中米

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました