Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

【中学受験 地理3】日本の今と昔の地方区分 – 旧国名

今回からは、日本地理に対して苦手意識を持つきっかけになる可能性もある日本の地域や都道府県についての学習です。とにかく覚えることが多いです。

しかし、都道府県名、都道府県庁所在地、またその位置は日本地理で決して外すことの出来ない最重要項目です。自分の住んでいる国の都道府県くらい知っていなければ恥ずかしいくらいの気持ちで、真剣に取り組みましょう。

しかし、ただそれらを丸暗記しても意味がありません。都道府県同士の位置関係、繋がり、それはどんな地域なのか、名産品、観光地など、知っている事柄から、イメージできるものをどんどん広めて行ってください。わからないことは自分で調べることも重要です。

スポンサーリンク

色々な地方区分の仕方

47都道府県の学習に入る前に、まずは日本の地方区分を覚えましょう。簡単に言えばグループ分けです。地方区分は、便宜上近隣のいくつかの都道府県をまとめて、1つの地域としています。

この分け方は様々ですが、基本的には文化的、歴史的に何らかの結びつきが強い都道府県がひとまとまりになっており、都道府県を覚える際にも、まずはこのグループを覚えておくかおかないかでは、定着度に大きな差が生まれます。

一般的な分け方は8地方区分ですが、それ以外にも分け方は存在します。考えてみましょう。

8つの地方区分

北海道地方:北海道
東北地方:青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県
関東地方:茨城県・栃木県・群馬県・千葉県・埼玉県・神奈川県・東京都
中部地方:静岡県・愛知県・山梨県・岐阜県・長野県・新潟県・富山県・石川県・福井県
近畿地方:三重県・和歌山県・奈良県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県
中国地方:岡山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県
四国地方:香川県・愛媛県・徳島県・高知県
九州地方:福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

8つの地方区分

8つの地方区分

具体的な地方名にすれば、誰もが1度は聞いたことのある名称ではないでしょうか?

それぞれが、どこにあり、含まれる都道府県も地図帳で簡単にチェックしておきましょう。特に苦手な人が多いのが中部地方、中国地方です。中部地方は含まれる都道府県も多く、日本海側、太平洋側、それに内陸県と変化に富んでおり、高い比率で入試で出題される地方です。また、中国地方は日本海側を中心として、馴染みが少なく、鳥取・島根と似たような名前で、位置関係がごちゃまぜになる人もよく見られます。

都道府県の単元でもう一度確認しますが、まずは地図帳と睨めっこしてみてください。気になる地名、行ったことがある場所、知っている山の名前や名産品などがあったら、書き出してみましょう。各地方別に自分でイメージカラーを作っておくのも、効率的に覚える方法の一つです。

下記では都道府県名・地方名の漢字テストや都道府県ごとの花鳥木クイズなど数十種類の問題を用意してます。
ご利用ください。

その他の区分

上で紹介した8地方区分は、あくまでも1つの分け方であって、実態に合っていない部分などもあります。他にも分け方がないか考えてみましょう。

ア)自然による区分

例1:太平洋側/日本海側

課題 ⇒太平洋側に面する都道府県と日本海側に面する都道府県を書き出してみましょう。
   ⇒どちらにも面さない都道府県、また両方に面する都道府県も書き出してみましょう。

よくある質問
北陸地方って聞いたことがあるのですが、どこですか?
北陸地方は、中部地方をさらに細かくわけたときの名称です。中部地方のうち、日本海側に面している県を北陸地方と呼びます。ちなみに、太平洋側に面する県を東海地方、どちらにも面していない県を中央高地と呼んで分けることもあります。

この他にも、中国地方の日本海側を山陰地方と呼ぶ一方で、瀬戸内海に面する中国地方と四国地方の4つの県をまとめて、瀬戸内(せとうち)地方というように分けることもあります。分け方などいくらでもありますので、皆さんでも他にも山や海などを境にして、地域がわけられないか考えてみましょう。


例2:東日本/西日本

非常にざっくりとした分け方ですが、果たして日本を東と西に分ける自然の境界線はあるのでしょうか?

実は本州には東西を分ける大きな溝が存在しています。それが大地溝帯(フォッサマグナ)で、その西側の端が新潟県糸魚川市と静岡県静岡市を結んでおり、糸魚川静岡構造線、通称糸静線と呼ばれています。

ちなみに、何故だか中学受験の地理ではこの糸静線=フォッサマグナと紹介されています。ともあれ、この線が日本列島を東西に分ける線に違いはなく、糸魚川付近では実際にその裂け目を見ることが出来ます。気になる人はフォッサマグナミュージアムに行ってみて下さいね。

NTTの東日本、西日本の境

NTTの東日本、西日本の境

NTTの東日本、西日本の境も概ね糸静線に準じて引かれていますね。

イ)文化的な区分

例1:東日本/西日本(うどんの汁の境)

先ほどわけた東日本/西日本の区分けですが、同じく東と西でも全く別の場所を境にすることも出来ます。皆さんはうどんの絵を書くとき、汁を何色で書きますか?茶色と答える人は、醤油が濃いめのうどんに慣れている東日本の人でしょう。黄色と答える人は、出汁メインの薄味に慣れている西日本の人でしょう。

うどんの汁の色が変わるポイントはどのあたりにあるのでしょうか?
かつて、あるバラエティ番組で、駅のうどん屋で調査していましたが、東海道新幹線の岐阜羽島を境に東が茶色、西が黄色の汁だったそうです。もちろん、明確な線引きは出来ませんが、ちょっとした遊び心でこのような調べ学習をするのも楽しいですよ。食べ物関係では雑煮のもちの形が「丸」か「四角」かという違いも有名です。
 

例2:東日本/西日本(電気の周波数)

東京から大阪に引っ越すとき、家電製品を買い替えないでそのまま使うと壊れたり、火災の原因になるということを知っていますか?

何故なら、電力周波数が東日本が50ヘルツなのに対し、西日本では60ヘルツだからです。どちらにも対応している家電製品も増えていますが、洗濯機や電子レンジ、扇風機などは注意が必要です。これは発電機が明治時代に輸入された際、関東にはドイツから50ヘルツの発電機が、関西にはアメリカから60ヘルツの発電機が輸入されたことに由来します。

基本的には糸静線に沿って東西に分けられており、NTTの東西の境に似ていますが、電気周波数では新潟県や長野県の一部が西側に入っているという違いがあります。ちなみに大規模災害で発電所が使えなくなった場合、東西で電力の融通が利かないというデメリットもあります。

よくある質問
東海道新幹線はどうやって走っているのですか?

A)  西日本方面から、神奈川県、東京都に乗り入れる東海道新幹線は、この周波数を問題を解決するため、神奈川県、東京都の区間も特別に60ヘルツの電力を送電しています。逆に東海道新幹線の車両は仮に線路が繋がっていても、東北・上越新幹線を走ることは出来ません。ちなみに、近年開業した北陸新幹線では、50ヘルツ、60ヘルツ両方の電源に対応した車両を使っており、東京から金沢までの間に、2度も周波数が変わります。

ウ)結びつきによる区分

例:首都圏・関西圏・東海地方
首都圏や関西地方という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
授業で習う関東地方、近畿地方と何が違うのでしょうか?

首都圏と呼んだ場合、関東地方の都道府県に加え、山梨県や新潟県も含まれる場合があります。天気予報では関東甲信越地方と紹介されることもあります。同じく、関西圏には福井県を含むこともあります。

さらにやっかいなのは、三重県です。8地方区分では近畿地方に含まれる三重県ですが、皆さんの感覚的にはどうでしょうか?東海地方と呼んだとき、静岡県、愛知県の他、三重県を含むこともあります。これは近畿地方の中心都市、大阪よりも、中部(東海)地方の中心都市、名古屋の方が近く、実際に多くの人が愛知県名古屋に通勤していることから、結びつきがより強いという面で、東海地方に組み込まれているのです。


よく出題される問題
問、本来は中部地方に分類される山梨県・新潟県が首都圏に組み込まれる理由を結びつきという面から考えて答えなさい。

A)
・高速道路や新幹線の発達で、東京まで通勤が可能になったから。
・東京周辺の土地や住宅の価格が高くなり、より郊外に引っ越す人が増えた(より郊外での住宅開発が行われた)から。など

昔の地方区分

今から約1300~1400年頃前(8世紀)、天皇中心の国家づくりのために設定された地方の行政区分。全国を天皇所在地周辺の畿内と七道に区分した。畿内には5つの国が設置され、五畿七道とも呼ばれる。各道の中にもいくつかの国が存在します(これら旧国名については次回学習します)。

昔の地方区分

① 東山道
② 東海道
③ 北陸道
④ 南海道
⑤ 山陰道
⑥ 山陽道
⑦ 西海道
⑧ 畿内

昔の地方区分

昔の地方区分

いまでも、ときどき耳にする言葉ですが、元を正すと、この五畿七道に由来しているのです。なお、畿内の「畿」とは天皇の住んでいる地域の意味で、現在の近畿地方というのも、天皇がかつて住んでいた京都の周辺という意味合いです。

なお、当時まだ北海道という言葉はありません(東北北部と北海道はアイヌの人々が住む土地)。ちなみに、北海道だけ、何故都道府県名と地方名が同じなのか、何故「道」を使うのかと多くの質問を受けますが、かつて、北海道内にはいくつかの県が存在しました。そして、それらをまとめるものとして「道」が存在しました。「道」というと道路というイメージが真っ先に浮かんでしまいますが、「道」自体に地方という意味を含んでいるのです。


道州制とは?
道州制とは、いくつかの県を統合して行政を広域化するしくみです。現在の8地方区分はあくまでも形式的なもので、行政的な権限はありません。それを国の持つ権限や財源を地方に移し、地方分権を推進させるというものです。地方が自らの判断と責任の下で行政サービスを効果的・効率的に提供することが出来るようになります。

国は外交や国防など国でなければできない仕事に専念し、地域に密着した仕事のほとんどは地方が担うようになります。現在はまだ検討段階ですが、地方部を中心に人口がますます減少し(過疎化)、地方の財源が厳しくなっていく中、道州制の導入も近いのかもしれません。

・中学受験対策 パワーアップシリーズ:昔の地方区分・旧国名 | 問題 解答

まとめ

地方区分は各都道府県の学習の入り口です。
まずは8地方区分と、それらの位置関係を完璧に覚えましょう。
皆さんの住んでいる身近なの都道府県や地方区分について、どのような呼び名になっているのか注目してみましょう。

各地方の主要な県や都市の名前を自分で書き出しましょう。わからない場合は地図帳で調べましょう。
どうしても名前を覚えられないという人は、知育学習用の玩具やカード、白地図などの教材も活用してください。

こちらのページで紹介していますので、チェックしてみてください。

・中学受験対策 パワーアップシリーズ:都道府県名・地方名 | 問題 解答
・中学受験対策 パワーアップシリーズ:昔の地方区分・旧国名 | 問題 解答
・中学受験対策 パワーアップシリーズ:《漢字プリント3》 | 問題 解答
タイトルとURLをコピーしました