Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

【中学受験 地理26】日本の交通の歴史 – 狭くなる日本、近づく世界2

中学受験 地理 日本の交通の歴史

日本の交通、通信の学習は今回で終了です。

日本の交通のうち、航空、海運、それに通信分野を扱います。航空機は我々の生活に身近な存在になりましたが、海運、つまり船の利用はあまり馴染みがないかもしれません。しかし、日本は周囲を海に囲まれた島国です。海運は古くから、日本の交通の中心的存在でした。今でも、たくさんの貨物が船で運ばれています。

そして、もう一つ。現代の生活に欠かせないのが郵便、そしてインターネットをはじめとした通信です。新型コロナウイルスの感染拡大で人々の移動が制限される中、ますます需要の高まっている通信事業。近年、どのような取り組みが行われているのか見てゆきましょう。

 

社会の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

 
スポンサーリンク

航空のメリット、デメリット

長距離の移動に欠かせない航空機。東京から北海道や九州に行くのに欠かせない存在です。航空機にはどのようなメリット(すぐれている点)、デメリット(すぐれていない点)があるのか、書き出してみましょう。

航空のメリット
・長距離を短い時間で移動できる。
・天候や災害の影響を受けにくい。(飛行場さえ問題が無ければ航空機は飛ぶことが出来る)
・需要の変化に細かく対応できる。(飛行機の機材の大きさを需要に応じて変えることが出来る)
・運賃が変動制で、需要をコントロールすることが出来る。(混雑するときは高く、閑散期は安くなるなど)
航空のデメリット
・空港が市内中心部から離れていることが多い。
・空港を建設するには広大な敷地が必要。
・多くの燃料を消費するため、石油価格の変動に影響を受けやすい。
・空港周辺で騒音問題が発生する。
・運賃が比較的高い。(ただし、近年は鉄道より安い例も増えています)

高度経済成長期以降、飛行機を利用する人は伸び続けています。近年は、東南アジア発祥のLCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)と呼ばれる低運賃の航空会社が日本にも登場し、利用者を増やしています

LCC(格安航空会社)の特徴
機内食など、過剰なサービスを廃止し、コストを削減し、運賃を安くしています。

しかし、収益性が低い為、日本のLCC会社は倒産や合併が相次いでおり、ビジネスモデルとしてはまだ確立していません。ただ、運賃は新幹線よりも安くなり、また中国や台湾、韓国までも1万円以下で出かけられる時代がやってきました。

特に九州地方などからは、東京へ行くよりも、これら近隣諸国に出かけるほうが安くて、近く、結びつきを強めています。

一方で、貨物輸送でも鮮度が重要な高級食材(高級魚など)や、高価で小型、軽い工業製品(半導体など)など、運賃の比較的高い航空貨物では、輸送量が伸びています。

日本には多くの空港がありますが、特に羽田空港、成田空港は混雑が激しくなっており、飛行機の発着回数が限界に達しています。滑走路の追加や飛行経路の見直しで発着回数を増やす努力をしています。

羽田空港は長らく、国内線専用空港として機能(台湾行きを除く)していましたが、2010年に第四滑走路が完成し、同年から再び国際線が就航するようになりました。しかし、滑走路の新たな建設や、飛行ルートの変更は騒音などを理由に、近隣住民からの反対も根強く残っています。

成田空港は日本の玄関口でありながら、24時間の発着が認められていません

首都圏を中心に過密の空港がある一方で、地方の空港は利用者が伸び悩んでおり、特に新幹線の開業で大きな影響を受けている空港もあります。新幹線と飛行機のシェアは所要時間およそ4時間を境に逆転すると言われており、東京から新幹線で4時間以内で結ばれた都市の空港は、東京からの路線自体が廃止されたところもあります。

↑路線別シェア分布(東京発着)↑

※東京~札幌・東京~福岡間は世界有数の航空輸送量を誇っています。

アジアゲートウェイ構想

アジアゲートウェイ構想とは、アジア各国と積極的に交流を図り、日本の役割や地位を高めようとする構想のことです。特に航空分野では、「航空自由化(オープンスカイ)」が掲げられており、関西国際空港や中部国際空港での自由化を目指すとされています(成田空港、羽田空港では既に一部国との自由化済)。

また、羽田空港・成田空港の発着枠拡大、アクセス改善が盛り込まれています。

航空自由化(オープンスカイ)とは
自国とオープンスカイ協定を結んだ相手国との間で、自由に路線や便を設定できる仕組み。

ハブ空港

日本の周辺には、日本の空港よりも大きな、巨大とも言える空港を持っている国があります。このような巨大空港は、単にその国へ到着する客だけでなく、第三国への乗り継ぎにも多く利用されています。特に近年増加しているLCCはこのような巨大空港での乗り継ぎを前提として、幅広いネットワークを構築しています

↑直行方式とハブ方式の仕組みと路線数の差↑

この路線網を自転車の車輪に見立てると、放射状に伸びる航空路線がスポークで、その中心に当たる空港がハブと見なせることから名づけられました。

日本の空港は発着枠が少ないだけでなく、空港内の乗り継ぎ客用の施設が少ないなどの問題があり、ハブ空港化が遅れています。

世界の航空路線は直行方式からハブ方式に移り変わりつつあり、ハブ空港の重要性がますます高まっています

羽田新ルート

東京オリンピック開催に合わせ、羽田空港の発着枠が不足するため、東京都心部を低空飛行し着陸する新ルートが設定されました。

↑羽田空港着陸時(南風)の新ルートのイメージ↑

新ルート導入で羽田の1日当たりの発着枠を50便増やせるとしていますが、人口密集地域を低空で飛行するため、騒音に対する苦情が上がっています

・パワーアップシリーズ:航空交通
スポンサーリンク

海運のメリット、デメリット

コンテナ船イメージ

では、最後に船で旅客や貨物を運ぶ、海運のメリット(すぐれている点)、デメリット(すぐれていない点)を考えてみましょう。北海道から四国、九州まで橋で繋がってしまった今、船に乗る機会はかなり減ってしまいましたが、貨物ではまだまだ海運のシェアも高くなっています

海運のメリット
・一度に大量の旅客や貨物を運べる。
・交通渋滞や騒音をあまり引き起こさない。
・重いものや大きなものも運べる。
・フェリーには車ごと載せることが出来る。
・運賃が比較的安い。
海運のデメリット
・速度が遅く、時間がかかる。
・多くの燃料を必要とするため、石油価格の変動に影響を受けやすい。
・悪天候時には出港出来ない場合がある。

現在、日本の海運はほとんどが貨物輸送です

中にはフェリーとして、トラックと共に旅客の受け入れをしている海運会社もありますが、現在主流の貨物船はコンテナ船です。コンテナは貨物の積み下ろしが簡単で、港からトラック、鉄道へと、次の交通機関にスムーズに移すことが出来ます

コンテナ船の荷下ろし

コンテナ船は輸送の効率を高める為に大型化が進んでおり、港もそれに対応した設備を持たなければならなくなっています。

大型のコンテナ船の特徴
大型のコンテナ船は重心が高い為、高波に弱く、荷崩れを起こすことがあります。また、日本の海運会社は船にかかる税金の安いパナマやリベリアで船を登録(便宜置籍船)し、外国人船員を雇って運行している会社が多いのが特徴です。

旅客の面では、一度に大量の観光客を運んでくるクルーズ船の受け入れも活発化しており、大型クルーズ船用の港の整備も、地方の港などを中心に進んでいます

しかし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、クルーズ船の入港は4月以降、ほぼゼロになっています。

郵便

手紙や封筒など、郵便物を集配する郵便サービスは、長らく私たちの生活に欠かせないものでした。

どんなに山奥であっても、離島であっても、人が住んでいる限り、全国均一の料金で、平等に郵便サービスを受けることが出来ます。これを「ユニバーサルサービス」と呼びます

従来、郵便は国の事業でしたが、2007年に民営化されました。しかし、民営化以降もユニバーサルサービスは維持されています。近年、インターネットのメールが主流になり、郵便物の数は減っています。特に外国向けの郵便の数が大きく減少しています。

一方で、インターネットショッピングする人々が増えたことから、荷物の数が増えています(日本郵便ではゆうパックなどの名称で荷物の集配も行っています)。

情報通信(電話・インターネット)

各家庭に設置されている固定電話が普及したのは高度経済成長期の頃で、1970年代に大きく増えました。一方で、1990年代中ごろから携帯電話を持つ人が一気に増え、2000年には固定電話の数を携帯電話が上回るようになりました。

2011年には携帯電話の契約数が日本の総人口を上回り、理論上、日本人1人が1台以上の携帯電話を持っていることになります。また、2010年以降はいわゆるフィーチャーフォンと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンへの切り替えが一気に進んでいます。

2018年にはフィーチャーフォンの出荷台数が0台になり、従来型の携帯電話はほぼ日本国内で出荷されなくなっています。

従来型の携帯電話では電話やショートメール(SMS)などがメインの機能でしたが、スマートフォンはよりパソコンに近い機能を有するようになり、また、アプリケーションをダウンロードすることで、生活に欠かせないあらゆるサービスを受けられるようになりました。

その結果、アプリケーションで会話やメールも可能なため、電話やSMSを使う回数は減少しています。

LINEアプリ

DISCORDアプリ

こうしたスマートフォンの普及を背景に、2020年から5Gと呼ばれる超高速の通信規格が日本でも使えるようになりました。動画などの、通信量の多いものも簡単に見ることが出来るようになり、動画配信サービスの拡大で、テレビを見ない人も増えています。

しかし、日本はスマートフォンの開発に大きく遅れ、現在、国内メーカー製のスマートフォンはほぼ発売されていません。

スマホ内部のシステムやアプリケーションについても、GoogleやAppleといったプラットフォーマーと呼ばれる外国企業のものを使用しているため、従来、フィーチャーフォンを製造していた日本の通信機器メーカー業界は大きな打撃を受けています。

iPhone12

インターネットサービスを見てみても、検索サイトやネットショッピングサイトなどで世界的に事業を展開しているのはアメリカのIT企業で、最近は中国企業も台頭しています。日本企業の中で、世界で利用されるサービスを提供している企業はほとんどありません。

IT企業は利用者をたくさん集め、個人情報を収集してデータを囲い込んで活用し、利益を得ています。Face BookやTwitterなど、多くのアプリが無料なのはこのためです。

データは企業の競争力の源泉であり、日本の企業は外国企業に対し、不利な状況になります。加えて個人情報が適正に管理されているのかなど、外国企業への依存は利用者の不安にもつながっています。

【問題】
(1)下の表を読み取り、またその理由を人々の生活の変化の面から説明しなさい。

広告費の動き(電通調べ)



ヒント
表に関する記述問題のテクニック
まず、表に書かれている内容を理解し、それを記述する(この時点では表に書かれていることをそのまま書く)。そして、それに対するあなたの気づき、考えを書く(今回の場合は上で書いたことに対する原因・理由)。

解答
2005年頃からインターネットに出される広告の費用が急速に増えている。一方で、新聞や雑誌の紙媒体のメディアへの広告の費用が減少している。特に新聞の減少が大きい。インターネットから様々な情報をタイムリーに得ることが出来るようになったため、新聞や雑誌を見る人が減っていることが原因であると考えられる。

スポンサーリンク

まとめ

交通・通信は皆さんにも身近な問題である一方で、日々刻々と技術が進化している分野です。特に近年のインターネットなど通信については、わずか数年で状況が変化します。家族の人にかつての旅行や、携帯電話が無い時代の連絡手段について聞いてみるのも面白いでしょう。

また、最新のニュースにも常にアンテナをはっていてください。

東京オリンピックは2020年の開催は見送られてしまいましたが、2021年に開催された場合、入試では何らかの形で出題される可能性が高いです。外国からのお客さんが増えますので、交通やインターネット事情の時事問題は要チェックです。

・中学受験対策 パワーアップシリーズ:《漢字プリント26》 | 問題 解答

 

スポンサーリンク

中学受験対策 [社会]

元高校教師監修のもと、社会科目をテーマ分類し解説・問題集をご用意しました。また、各テーマごとに頻出される漢字も問題形式で一覧でまとめました。英語マスターに英単語が重要なように、社会においても頻出単語を書いて覚えることで習熟度が向上すると考えています。是非ご利用下さいませ。

地理

No. テーマ 問題 漢字
1 地球上の日本の位置
東西南北の端・緯度経度・時差
日本の領土
時差問題
北方領土・最東西南北島・その他重要な島
問題解答
2 国土の広がりと国際問題
領土・海流・半島
北方領土・最東西南北島・その他重要な島
日本の海・海岸線・海流
半島・岬・湾・海峡
問題解答
3 日本の今と昔の地方区分
旧地方区分
都道府県名・地方名
昔の地方区分・旧国名
問題解答
4 昔と今の都道府県
県庁所在地・政令指定都市・旧国名
都道府県名・地方名
昔の地方区分・旧国名
面積・人口・人口密度
政令指定都市
問題解答
5 日本を取り巻くプレートと火山
巨大地震・活火山
日本を取り巻くプレートと火山 問題解答
6 日本の山地・山脈・盆地・海岸 山地・山脈
盆地
問題解答
7 日本の川・台地・平野
平野
問題解答
8 気候の原因とそれを決めるもの 気候 問題解答
9 日本各地の気候 気候 問題解答
10 世界から見た日本の人口 問題解答
11 日本の抱える人口問題①
少子高齢化問題
問題解答
12 日本の抱える人口問題②
過疎と過密
問題解答
13 日本の農業①
稲作
稲作がさかんな地域
問題解答
14 日本の農業②
稲作の問題点
問題解答
15 日本の農業③
畑作
畑作がさかんな地域 問題解答
16 日本の農業の問題点 問題解答
17 日本の畜産業と問題点 畜産がさかんな地域 問題解答
18 日本の水産業と問題点 漁業の種類と主な漁法
漁港と養殖地
問題解答
19 日本の工業の種類・特徴・歴史 繊維・精密機械・食料品
鉄鋼業 地域
製紙・パルプ・セメント工業 地域
石油化学・電気機器工業 地域
造船業 地域
公害の発生した地域
問題解答
20 日本の自動車産業 自動車産業都市 問題解答
21 四大工業地帯の特徴
北九州・中京・阪神・京浜
工業地帯と工業地域 問題解答
22 代表的な工業地域の特徴
瀬戸内・東海・京葉・鹿島臨海
工業地帯と工業地域 問題解答
23 グローバル化が進む世界
日本の輸出入
日本の主な貿易港
日本の輸入・輸出の相手先
問題解答
24 日本の交通の歴史
街道・鉄道・自動車・飛行機
高速自動車道
橋とトンネル
航空交通
新幹線と鉄道
問題解答
25 日本の交通の歴史
狭くなる日本、近づく世界
問題解答
26 日本の交通の歴史
狭くなる日本、近づく世界②
問題解答
27 北海道の自然・歴史・産業まとめ 伝統工業
世界文化遺産
北海道地方の地形・農林水産業
北海道地方の工業
問題解答
28 東北地方の自然・歴史・産業まとめ 東北地方の地形・農林水産業
東北地方の工業
問題解答
29 関東地方の自然・産業・世界遺産・交通 関東地方の地形・農林水産業
関東地方の工業
問題解答
30 中部地方の自然・産業・世界遺産・交通 中部地方の地形・農林水産業
中部地方の工業
問題解答
31 近畿地方の自然・産業・世界遺産・交通 近畿地方の地形・農林水産業
近畿地方の工業
問題解答
32 中国・四国地方の自然・産業・世界遺産・交通 中国・四国地方の地形・農林水産業
中国・四国地方の工業
問題解答
33 九州・沖縄地方の自然・産業・世界遺産・交通 九州地方の地形・農林水産業
九州地方の工業
問題解答

 

 

歴史

 

公民

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\中学受験 地理の勉強法/

記事はコチラ