Webや広告・販促ツールで利用する地図・路線図作成の外注なら「地図・路線図」職工所まで

世界100ヵ国の失業率ランキング一覧 日本は何位?

この記事では、世界の失業率をランキングで紹介します。

 

ここでいう、失業率とは、労働力人口に占める失業者の割合を表しています。失業者とは、参照期間中に就業可能でありながら仕事がない者で、仕事を探している者を指しています。ここでは、世界100ヵ国を対象に失業率を調べてみました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界各国で失業率は上昇しています。

 

日本の失業率は、2.79%です。これは調査対象の100ヵ国の中では、98位に位置しています。失業率も横ばいで維持していますが、コロナ禍による影響は今後出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

世界 失業率ランキング 上位各国

第1位 南アフリカ

 

失業率 29.18%

 

世界で一番失業率が高い国は、南アフリカです。これは過去最高の水準です。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるために行われたロックダウン措置の影響が経済に大打撃を与えました。これは人々の求職活動にも影響して、高い失業率となりました。

 

南アフリカにおける問題点は、経済が成長しているときでさえ、失業率が高いという現実にあります。それは、長い植民地時代を経てようやく民主化がなされたにもかかわらず、経済においてはいまだに植民地時代のまま変わらないということが挙げられます。

 

また、不十分な教育制度、技能や専門的訓練の不足にも原因があります。

第2位 スーダン

 

失業率 26.83%

 

スーダンは、1956年にイギリスとエジプトから独立した国家ですが、その後半世紀にわたり国内紛争が続いてきました。

 

高い貧困率、経済の悪化などで政権が崩壊し、現在は暫定政権下にあります。最近、テロ支援国家リスト指定から解除され、国際社会からの信用も回復し始めました。スーダンには、豊富な金資源があり、またインターネットの普及が進み、この先は経済の回復にも期待されます。それに伴い失業率も低下していくでしょう

 

第3位 パレスチナ

 

失業率 25.93%

 

パレスチナの失業率は、世界第3位の25.93%です。これを男女別にみてみると、男性が23%であるのに、女性は40%になります。イスラエルの攻撃でインフラが破壊された影響や国際援助の減少、経済封鎖など様々な要因で生活環境は悪く、失業率が上がるためにはまだまだ多くの課題があります

第4位 コソボ

 

失業率 25.60%

 

コソボ紛争が終結して20年が経過したコソボが、いまだ高い失業率で世界第4位という位置にいます。過去10年間で確実に経済の成長を遂げましたが、それに伴う失業率の低下という結果には至っていません。人口の半数が25歳以下という若い国でありながら、その6割が失業中という厳しい状態が続いています

第5位 バハマ

 

失業率 25.57%

 

バハマの最大の産業は、観光業になります。実に労働力の50%以上を雇用しています。ところが、コロナウイルスのパンデミックにより、観光業は世界的に大打撃を受けました

スポンサーリンク

世界 失業率ランキング

順位 国名 単位:% 前年比
1 南アフリカ 29.18
2  スーダン 26.83 +2
3  パレスチナ 25.93
4  コソボ 25.60 −2
5  バハマ 25.57 +17
6 アルメニア 24.17
7 ベリーズ 23.70 +20
8 ヨルダン 22.70 ー3
9 コスタリカ 19.98 +5
10 ボスニア・ヘルツェゴビナ 19.00
11 パナマ 18.55 +28
12 バルバトス 17.15 +9
13 ギリシャ 16.40 −5
14 マケドニア 16.38 −5
15 コロンビア 16.08 +5
16 スペイン 15.53 −4
17 アルジェリア 14.24
18 ペルー 13.60 +28
19 フィジー 13.35 +51
20 セルビア 13.32 −2
21 ブラジル 13.24 −6
22 トルコ 13.11 −9
23 アルバニア 12.50 −7
24 モロッコ 11.90 +2
25 アルゼンチン 11.36
26 スリナム 11.29 +2
27 モーリシャス 10.90 +16
28 イラン 10.82 ー9
29 チリ 10.78 +8
30 フィリピン 10.40 +32
31 ウルグアイ 10.35 −2
32 カナダ 9.60 +22
33 クロアチア 9.19 +1
34 イタリア 9.12 −10
35 エルサルバドル 9.04 +7
36 ウクライナ 9.04 −5
37 リトアニア 8.85 +12
38 カーボヴェルデ 8.50 −7
39 エジプト 8.30 −9
40 スウェーデン 8.29 +1
41 フランス 8.18 −8
42 ラトビア 8.17 +6
43 アメリカ 8.11 +44
44 ニカラグア 8.06 +7
45 ボリビア 8.00 +32
46 モルドバ 8.00 +16
47 フィンランド 7.78 −3
48 キプロス 7.60 −10
49 モンゴル 7.50 −26
50 サンマリノ 7.34 −14
51 インドネシア 7.07 +8
52 エストニア 6.84 +19
53 ブルネイ 6.82 -13
54 ポルトガル 6.79 -7
55 スロバキア 6.68 -2
56 キルギス 6.61 -11
57 パラグアイ 6.56 -5
58 アゼルバイジャン 6.54 +7
59 オーストラリア 6.51 +1
60 アイスランド 6.43 +19
61 ルクセンブルク 6.33 -5
62 ホンジュラス 6.18 -5
63 香港 5.85 +34
64 スリランカ 5.80 +2
65 ロシア 5.78 +3
66 ドミニカ共和国 5.73 -16
67 デンマーク 5.64 -4
68 アイルランド 5.63 -4
69 ベルギー 5.61 -11
70 カザフスタン 5.48 -3
71 オーストリア 5.33 -2
72 エクアドル 5.27 +9
73 ブルガリア 5.21 +1
74 スロベニア 5.13 -2
75 バーレーン 5.04 +2
76 ルーマニア 5.00 +4
77 ニュージーランド 4.60 -2
78 ノルウェー 4.60 +8
79 マレーシア 4.53 +15
80 イギリス 4.50 +2
81 パキスタン 4.50 -4
82 メキシコ 4.42 +8
83 イスラエル 4.30 -1
84 マルタ 4.29 +5
85 ドイツ 4.18 +10
86 ハンガリー 4.12 +6
87 ベラルーシ 4.10 -14
88 韓国 3.94 -4
89 台湾 3.90 -4
90 オランダ 3.83 +1
91 中国 3.80 -3
92 ベトナム 3.30 +9
93 ポーランド 3.16
94 スイス 3.14 +5
95 シンガポール 3.05 +5
96 セーシェル 3.00
97 マカオ 2.90 +6
98 日本 2.79
99 チェコ 2.70 +3
100 タイ 2.00 +4

 

世界データ ランキング
世界各国のランキング一覧や決め方をまとめました。気になる日本の順位は何位でしょう?
第一位はどこでしょう? 参考にしてください。

図・路線図職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\中学受験 地理の勉強法/

記事はコチラ