地図のウンチク

ご活用事例

日本の地図には、どんな歴史があるのでしょうか?

さまざまな側面から調べていくと、奈良時代に僧侶の「行基」が「地図」を最初に作成したといわれていることが分かりました。

 

そして江戸時代になり、森幸安がさらに詳しい内容を記した「日本分野図」を作ることになります

 

ここでは森幸安という人と、その時に描かれた地図について詳しく説明します。

森幸安(もり こうあん、ゆきやす)とは?

森幸安は、江戸時代中期に活躍した地図考証家です。

 

日本の地図といえば、伊能忠敬があまりにも有名ですから、森の名前をあまり知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

森幸安は1701年生まれですので、1745年に生まれた伊能に比べると44年も前に生を受けています。

 

京都で生まれた森は、10代で医師の元で勉学に励みました。
その後、叔父の香具屋を継ぎますが、1729年30歳で隠居の身となりました。
伊能が47歳で隠居したのですが、さらに早く隠居したことになりますね。

 

名所や景勝地へ足を運ぶことも多くなり、大阪へ転居の後に地誌を完成させました。
さらに、地図への情熱が高まり自ら勉学にいそしむことも若いときから多かったために、積極的に挑んで行ったことが想像しやすいでしょう。

 

 

 

 

日本分野図までの道のり

1748年~1763年に、森は「日本輿地図」(にほんよちず)を完成しますが、京都や大坂で日本だけではなく世界の地図を収集し、書写することにも没頭したと言われています。

 

地図は測量をして製作するものというのが、当然だと思うものですが、情報収集によりこれほどまでの地図を完成した森の功績にも、驚きますね。

 

この中に日本分野図があるのですが、初めて緯線や経線が記されているのが注目されました。
森は、地図を製作するために西洋の思想や技術についても丹念に調べて、それを地図に反映しています。

 

伊能忠敬の「大日本沿海輿地全図」は正確な地図としての偉業がありましたが、森の「日本分野図」も彼の日々の研究や情報収集があってこその成果だと思えます。

 

 

測量の痕跡は見つからない

伊能は、全国通津浦々で歩測をしたという途方もない偉業を成し遂げた人ですが、同じ地図の作成でも、森の方はできるだけこれまでの街の情報を盛り込んでいる点は大きく違います。

 

測量をして回った痕跡も見つからないとされていますが、その土地の情報を得るためには地誌を積極的に学んだり、足を運んだりして、その土地の人々から情報を得たものだとされています。

 

伊能は、測量を元に正確な地図を製作したのに対し、森は、その土地にある歴史からその当時までの流れをできるだけ網羅した内容を客観的に製作しました。

 

 

まとめ

こうした森の活躍で彼が製作した地図が300枚ほど伝存しているのは、日本の地図の移り変わりの中で見逃せない大きな役割があります。

 

国立公文書館にその多くが保管されていることから、森の功績が今も日本の地図の移り変わりの証拠として残されていることが分かります。

 

伊能忠敬だけではなく、日本にはこのように地図に関わる功績を成し遂げた森幸安がいることも誇りに思えるのではないでしょうか?

 

 

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP