路線図・鉄道ウンチク

ご活用事例

数々の鉄道車両の展示からシミュレーターなどの体験コーナーに至るまで、連日鉄道博物館は賑わっていますね。
しかし楽しみな場所といえども、皆さんのお住いの地域によっては何かとお金がかかることでしょう。今回は大宮の鉄道博物館を想定して、少しでも安く費用を抑えてお出かけする方法をご紹介します。

基本的な入場料をおさらい(個人・団体・年会員)

現在の鉄道博物館の入場料は以下の通りとなっています。(公式サイトより)

一般:  1000円(団体利用800円)
小中高生:500円(団体利用400円)
幼児:  200円(団体利用100円)

 

 

この入場料は2018年7月4日利用分までのもので、7月5日以降

一般  :1300円(団体利用1040円)
小中高生:600円(団体利用480円)
幼児  :300円(団体利用150円)

となっています。

 

 

有料入場者が20人以上いる場合は団体料金が適用され、通常の入場料金に比べて若干の割引がされるようです。ただし各プログラムや昼食場所を団体で利用する場合には事前予約が必要とのことなので注意しましょう。

 

 

また、通常の入場料とは別に「Teppa倶楽部」という会員システムもあります。こちらは年会費として(2018年7月4日まで)

一般:  3000円
小中高生:1500円
幼児:  600円

 

が必要になる代わりに1年間入場無料、そしてメールマガジンや各種特典など、鉄道博物館をより満喫できるようになっています。

年会費として通常料金の3回分を支払う必要があるため、鉄道博物館を年に3回以上利用すればもとが取れる計算になります。鉄道博物館に何度も通いたい方におすすめですね。

 

 

    (鉄道博物館HPより)

 

 

前売り券はどうか

先ほどの当日入場券で割引が利くのは団体利用の場合ですが、前売り券の場合はどうでしょうか。

(カッコ内は2018年7月5日利用分以降です)

一般:  900円(1200円)
小中高生:450円(500円)
幼児:  100円(200円)

 

となっています。通常の入場料よりも50~100円お得になりますが、この前売り券の購入は20枚以上からの受付になっています。そのため、1枚や2枚などの少数は取り扱っていないようです。

 

 

個人での前売り券はJTBより電子チケットという形で販売されています(2018年5月31日まで)。

こちらのチケットは前売りの割引がなく、当日券と同じ料金での発売となっています。少人数での博物館利用には残念ながら入場料の割引は適用されないようです。

 

 

「新幹線&鉄道博物館きっぷ」を使いこなせ!

残念ながら鉄道博物館の「入場料」が割引になる方法はほぼ無いに等しいでしょう。しかしまだあきらめるのは早いですよ。JR東日本より発売されている「新幹線&鉄道博物館きっぷ」というきっぷを使う手段があります。

 

このきっぷは、JR線の東京23区内~大宮間往復きっぷ、ニューシャトル大宮~鉄道博物館駅往復きっぷ、東京、または上野~大宮間往復の新幹線普通車・自由席特急券、そして鉄道博物館の入場料を全部合わせて

大人: 3580円
子ども:1010円

 

となっているきっぷです。東京駅からの出発を想定して、通常のきっぷで同じ手段で博物館入場まで行くと、大人4620円、子ども2300円となるので、大人料金で1040円、子ども料金で1290円もお得になります。

 

 

新幹線を使うことが前提になりますが、丸1日鉄道を楽しむにはもってこいといえるでしょう。そしてこのきっぷで博物館に入場するとオリジナルグッズももらえる特典がついています。友達同士や家族でのお出かけにはピッタリですね。

 

また、その道中では新幹線に乗れます。

全席座席指定の「はやぶさ」「こまち」「かがやき」には乗れませんが、それ以外の新幹線には自由席が設定されていますので、自由席に乗車することができます。人気のE5系やE6系に乗るなら「やまびこ」「なすの」「はやて(E5系のみ)」を、E7系に乗りたいなら「あさま」「はくたか」を狙うと良いでしょう。もちろん、これ以外にも新幹線は走っていますので、好きな車両を楽しむことができますよ。

 

新幹線&鉄道博物館きっぷは通年の発売ではなく、繁盛記などに期間限定で発売されるので、購入の際には公式サイトの情報も十分にチェックしてください。現在の発売及び利用期間は2018年3月31日までとなっています。

 

お弁当の持ち込みはできます!

また、鉄道博物館内にはお弁当の持ち込みができます。

館内にもカフェ・レストランはありますが、お店でご飯を食べるとすると現地に着いてから別途料金がかかるため、費用をなるべく安く抑えたい場合は事前にお弁当を作ってから持ち込むと良いですよ。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

団体で利用する場合は割引が利くとしても少人数でのお出かけでは鉄道博物館に割引で行くのは難しいです。しかしお得なきっぷを使えば博物館までの往復がぐっと安くなるうえに、丸1日鉄道を楽しむことができそうですね。自分の財布とよく相談して、楽しい鉄道の時間をお過ごしくださいね。

この記事についているタグ

  • 路線図・鉄道のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
PAGE TOP