ご活用事例

地図の投影法とは、実際に三次元の球体を二次元の平面上に表現するための手法です。
完成している地図を見ると平面で判断しがちですが、当然ながら地球は球体です。そのため、どんな風にして平面に描き出すのかがとても重要です。

 

平面に描くことで、球面のときとは面積や角度、距離にもどうしても歪みや誤差が生じてしまうことは避けられません。
そのために、できるだけ正しい表示に近づけるために最適な投影法を用いる必要があるわけです。

地図の投影法とは?

投影法には、それを叶えるための描き方がいくつかあります。
問題点であるいくつかの歪みや誤差をできるだけ最小に留めるようにする目的で行われますが、使用目的に合わせてどんな投影法を選ぶのかも地図作成ではとても重要視されています。

 

 

歪みや誤差が出やすいのはどんな地図?

都道府県や市町村の地図なら、どんな投影法でも歪みはわずかでしかないために、差し支えなく使える地図になります。
一方、世界地図、日本全土の地図など規模が大きくなると歪みにより影響が出やすくなってしまいます。
そのため、歪みができるだけ抑えられる手法を選んで作成するようになります。

 

 

 

投影法その1:方位図法

地表の形を平面のスクリーンに投影した図法のことです。
この図法は、中心からの方位の角度が正しく表現されるのが特徴です。
中央から全体を投影するため、地球の半分程度を描くのに適しています。
中心から離れた位置ほど歪みが出やすくなります。

 

 

投影法その2:円筒図法

円筒形をしたスクリーンを地球にかぶせて、地形を投影して切り開く図法です。
この図法は、緯度や経度を水平線、垂直線で描けるのが特徴です。
比較的、低い緯度の地域の投影に相応しいでしょう。

 

 

投影法その3:円錐図法
円錐形のスクリーンを地球に被せて投影し切り開く図法です。
形は扇形になり、経線は頂点から放射状に直線で描かれ、緯線は同心円で描かれます。
円錐という性質であるため、円錐の開く角度を調整できる特徴があります。
そのため、面積や角度のゆがみができるだけ少なくすることも可能です。

 

 

投影法その3:円錐図法

円錐図法を応用した図法です。
これは広い地域を分けて地図化するときに適しています。
それぞれの地域を円錐図法で投影してからつなぎ合せる方法ですので、円錐の開く角度によってつなぎ目に隙間が生じることもあります。

 

 

まとめ

地図の投影法は、中心とスクリーンの形状や位置によって大きく4つの方法があります。
それぞれに特徴があるので、地図の目的に応じて最適な投影法を選んで作られるようになっています。
何気なく見ている地図もどんな投影法を用いて作られたのかという疑問を持てるようになるかもしれませんね。

 

あらためて、投影法を知ると地球の丸さを感じるものです。
もっと詳しく知りたい方は、「地図投影法 地理空間情報の技法」という本は、学術的な解説も網羅されていますよ。

 

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP