ご活用事例

アナクシマンドロス地図とはいったいどんな地図なのでしょうか?

紀元前に使われていた地図を語る前に、まず、アナクシマンドロスという人物に触れていきます。

 

イオニア学派古代ギリシャの哲学者だった彼は、バビロニアの地図からより地図らしい海と陸がある地図を世界で初めて作った人としても知られています。
後のヘカタイオスの地図にもかなり影響を与えています。

 

 

バビロニアの地図

紀元前6世紀にはバビロニアの地図がありました。
バビロニア人にとってみれば、当時はアッシリアなどの都市が世界そのものだと考えていました。そのため、世界は7つの角を持つ多角形だと思われていたのです。

 

川が丸い陸地を取り囲んでおり、その周囲には三角形の7つの島という地図でした。
紀元前6世紀のことですから当然ながら地形に忠実なものではありませんが、宗教色が投影されているものとしての意味合いが強くなっています。

 

 

 

アナクシマンドロスの地図

古代ギリシシャの哲学者であるアナクシマンドロスは、このバビロニアの地図からさらに詳しい地図を完成しました。
世界は丸く描かれ、3つの島から成り立っているのがわかります。

 

世界で初めての地図とされたこの地図は、シンプルな円形であり、中心にあるエーゲ海を囲んで、その当時知られていた大陸が取り囲むように配置され全体は海が囲んでいるものです。
紀元前5世紀にこのように世界で初めて陸や海の輪郭を示す概念を持っていたというのは、大発見でもありますね。

 

 

ヘカタイオスの地図

このアナクシマンドロス地図を参考にして、その後、紀元前4世紀にはギリシャの著作家、歴史家、神話学者でもあるヘカタイオスがさらに詳細な地図を作りました。
ヨーロッパ、アジア、アフリカが世界の全てに含まれるようになり、地中海の周辺はより詳しくなりました。

 

すでにこの地図には、イタリアの長靴のような形状をした半島が描かれているのには驚きます。
それだけ、世界の中心は地中海からだという認識が強かったのかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

世界地図の歴史を知るときに、このアナクシマンドロスの地図の役割の大きさも想像できますね。
紀元前5世紀からより海と陸との存在を踏まえて、より地形に即した地図が製作され始めていたというルーツの奥深さには驚きを隠せません。

 

紀元前でもそれぞれの時代背景により、世界の見方には大きな違いがあったことは明らかです。
だんだんとより現実の世界に近づくまでの地図になるまでに、アナクシマンドロスの功績なしには語れないものです。
紀元前の地図はどんなものがあったのかを知ることで、世界の歴史に触れる楽しみもあるのではないでしょうか?

 

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP