ご活用事例

目的地へ向かうのに、地図が読めないために目的地にたどり着けないことや迷った挙句にかなりの時間がかかることを経験したことはありますか?

 

思い当たることが結構あるという方や新しい場所に向かって行くことに苦手意識を持っている方は、方向音痴と呼ばれます。
方向音痴の人は、地図による情報や人から教えてもらっていても迷ってしまいます。
また、建物内においてもどこから入りどう歩いたのかが分からなくなり、方向を見失ってしまうことも珍しくありません。

 

空間認識力がやや低い

街の中を歩く、車を運転するときには、建物や樹木などのものをイメージして覚えることが必要です。
前後左右だけではなく高低差もあるのが実際の街ですので、これらのイメージを駆使しなくてはなりません。

 

このイメージを持てるかどうかを左右するのが、空間認識力です。
方向音痴の人は、この能力がやや低い傾向にあると言われています。

 

 

俯瞰的イメージができない

自宅から目的地までのルートを覚えるときに、地図を見て俯瞰的なイメージができる人は比較的迷わずに行くことができます。

 

一方、俯瞰するのではなく、自分が目印の場所に次々いるイメージを持つ人は、自分だけの視点しか得られないので、方向音痴になりやすいのです。
このイメージは、目的地までのルートを文章で「赤い喫茶店を右に曲がり、それから一つ目の信号を過ぎてすぐ左側の物件」と覚えようとするので、立体的に判断することが出来にくくなることもあり、方向感覚が欠如してしまいます。

 

 

 

 

 

自分で方向音痴を認めているが改善を目指さない

女性に多いのが方向音痴だという自己意識だけある人です。
何とかしなければならない事態にならないように、迷ってしまう前に人に頼る傾向が強くなってしまいます。

 

自分で方向音痴を認めていても、どうしても克服しなければならないという意欲すら持ちません
根拠なく自分の勘だけで動いてしまうこともあります。
必要に迫られれば、現在はスマホですぐに経路を表示してもらえるので何とかたどり着くこともできるでしょう。

 

何となく、カーナビに従って運転したら到着したというのも、自分の力で地図を読んでたどり着いた達成感もないのもやや不思議なものですね。

 

 

まとめ

方向音痴の人はどうしても寄ってしまうのかは、このような理由がいくつも絡み合って起きていると考えられます。
迷わない人から見れば、同じように道順を教えてもらっても方向音痴の人は思いもしない方向へ進んでしまうこともあります。

 

ただし、自分で何とか克服したいという切羽詰まった理由を持っている方なら、経験や学習を積み重ねていけば、それは可能です。

 

経験を蓄積してどんな風に利用するかは、本人次第でずいぶん変わっていくものだと期待されています。
結局、方向音痴でもそれほど困らないのであれば、改善したい意欲も浮かんでこないでしょう。
しかし、実生活で困ることがあるのであれば、やはり経験を積んで行くのが早道ですね。

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP