ご活用事例

方向音痴の人は、そうではない人が想像する以上に方向感覚を失うことがあります。
目的地へ向かって歩いたり車を運転したりしているときに、何度か右折や左折を繰り返すと分からなくなるのであれば、何となく頷けるでしょう。

 

それだけではなく、道路を歩いていて目指したお店に到着して今度は出るときに、どこから来たのかが分からなくなる時もあります。
分からなくなったことに気づかずに、自分の勘で動いてしまう頑固な一面を持っていることもあるのです。

「方向音痴の人」の脳の使い方

目的のお店へ向かうときに、方向音痴の人はそのお店の看板や店頭の様子だけを見ます。
これまで自分がやってきた経路を考えることは、ほぼありません。

 

看板だけ見つければ到着するための情報は満たしているでしょうが、問題は戻る際に起こってしまいます。
お店以外の周辺の情報を把握できてないために、自分が来た道とは反対方向へ歩き出すことも少なくありません。

 

脳内には、お店の看板や店頭の様子だけを見る習慣がついているために起こってしまうのです。
こういった脳の使い方をしてしまうのは、言語や論理を司る左脳が優位になっているからです。
左脳が優位になるのは、女性の方が多いわけです。

必然的に、方向音痴になるのは女性が多くなります。

 

 

 

 

「方向音痴ではない人」の脳の使い方

一方、方向音痴ではない人は、同じように目的地のお店に来るときも、どんな経路で来たのかを自然に情報として脳内にインプットしています。

 

お店までのルートや周辺の環境で三次元的に右脳を働かせて覚えることができているわけです。
そのため、お店から出たときも躊躇なく自分が来た道を戻ることができるようになります。

 

右脳が優位になっている方は、方向音痴ではありません。
右脳が優位になれば、空間認識力が高くなっているからです。
そのために、方向感覚がしっかりと働いているので迷わなくなります。

 

 

まとめ

方向音痴ではない人からすれば、お店から出ただけで方向感覚を見失う方向音痴の人の体験は想像し得ないでしょう。

 

何とも言えない独特の感覚は、方向音痴の人しか体験しえないものです。
脳の使い方にも、無意識のうちに違いがあるために起こっています。

 

克服をするためには、目的地だけを見るのではなく経路を三次元的にイメージできるようにしていきましょう。
方向音痴の人は、方位を意識した行動をして訓練を重ねて行くことで、右脳を働かせることも目指せます。

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
PAGE TOP