ご活用事例

初めての場所へ行くのに、地図やカーナビでスムーズに行ける方もいれば、何度行っても迷ってしまったり時間がかかってしまったりする方もいます。
地図を認識するのが苦手だったり、現在位置から目的地まで行くのが難しくて大変な思いをしたりする方を方向音痴といいます。

 

方向音痴の場合には、目的地に行き着けるかどうかも気になりますし、帰り道もわからなくなるのではないだろうかという不安にも悩まされるので、心理面も大きく負担がかかってしまいます。
地図を認識してスムーズに目的地へ行く着く人とどんな違いがあり、方向音痴になるのでしょうか?

方向音痴の原因

方向音痴の場合、初めての場所やあまり行く頻度が少ない場所に向かうのに抵抗が出てきます。
どんな原因があるのか見ていきます。

 

 

空間認識力

方向音痴の方は、空間認識力が低いと考えられています。
空間認識力というのは、物の大きさ・向き・形状・状況などを三次元的に認識する能力です。
この能力が低くなると、地図を見て目的地に向かうときに文章だけで判断しがちになります。

 

立体的に地図が浮かぶわけではないので、わかりづらく迷ってしまうこともあります。
男性の方がこの空間認識力は優れているので、方向音痴になりにくいとされています。
一方、女性は文章で認識をすることが優れています。

 

 

 

 

観察力

同じように、観察力があるかどうかでも方向音痴にも影響してきます。
例えば、車を走らせている時に目的地に向かうために、目印のお店、看板をしっかりと観察している方は、比較的スムーズに到着します。
しかし、何となく眺めているだけで車を走らせていると、同じところを通っても認識するということができづらくなってしまうので迷ってしまうわけです。

 

観察力が優れていると、頭の中の地図をしっかりとイメージすることができるようになるので、先を見越して車を走らせることができるようになります。

 

 

記憶力

方向音痴の方は、先に述べましたが空間認識力がやや低い傾向にあるために、アクセスを文章で覚えようとして混乱してしまうことが良くあります。
記憶力がやや低い傾向にあるのは、空間認識力が低い傾向にあることからも影響を及ぼしているとも考えられます。

特に複雑なルートであれば、右折や左折を繰り返すことで道に迷ってしまうようになります。

 

 

まとめ

方向音痴は、このような原因が絡み合って起こっていると考えられます。原因さえわかれば、自分なりに少しずつ意識を変えてみる訓練を行えます。
例えば、周りの景色を良く眺めて記憶に残していくのであれば、すぐにできますね。
目的地に向かうときに、現在位置がどこにあるのかもできるだけ意識をするようにしてみましょう。

 

方向音痴は、訓練をすることで誰でも治せます
道に迷う不安があると現在位置を確認する心理的なゆとりすらなくなり、さらに混乱してしまうものです。

 

悩んでいる方には、「なぜ人は地図を回すのか 方向オンチの博物誌」という本も地図飲み方から解説しているので参考にしてみてはどうでしょう。
原因を知ることで少しでも努力できることを日頃から行ってみるようにして見てはいかがでしょうか?

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP