ご活用事例

多くの車で活躍しているカーナビは、無くてはならないものとして定着して来ています。
知らない土地でもしっかりとナビゲーションをしてくれるので、目的地までたどり着くことができるので、この恩恵は大きいものですね。
使い方や便利な機能については習熟している方も多いのですが、カーナビの仕組みについての理解はあまり詳しくないのではないでしょうか?

仕組みはGPSが鍵を握っている

カーナビは、GPSで自分の車の位置を把握して機能している仕組みだという程度は誰もが思い浮かべるでしょう。
このGPSは、全地球測位システムと呼ばれるアメリカの軍事衛星です。

 

地球の上空2万1000kmを24個の衛星が6つの軌道上を周回しています。
この衛星から正確な時間情報が送信されることで、到着時間を算出しているわけです。
自分の車の位置情報ひとつとっても、地球の上空からの情報を受けていると知ると当たり前に使っているカーナビですが、仕組みは壮大なものだと感じてしまいますね。

 

 

 

 

センサーが把握して表示される

カーナビは、GPSから送られてくる電波をキャッチするのにセンサーがあります。
いろいろなセンサーがあり方向や自分の車の位置を特定するのに役立っています。

 

GPSアンテナ・GPSレシーバーで自分の車の位置を、方位センサーで自分の車の移動距離を把握します。
ディスプレイで、センサーからの情報と地図データを照合して表示されるのに役立つのがカーナビのコンピュータです。

 

 

渋滞情報を得られる仕組み

カーナビは、渋滞情報を得られることで運転手が移動時間や到着時間を想定するのに役立ちますね!

 

渋滞情報の電波を発信しているのが、光ビーコン、電波ビーコン、FM多重放送の3つの情報機器です。
主に一般道路上に設置されている情報提供機器のことを光ビーコンと呼んでいます。

 

よく幹線道路や一般道でも「渋滞情報」が発せられているのをみかけますが、これも、光ビーコンからの情報を得ているわけです。
一方、電波ビーコンは高速道路に設置されている情報提供機器のことです。
この機器は、渋滞情報道路規制情報だけでなく、インターチェンジ間の所要時間なども発信しているので運転手によりきめ細かく役立つようになっています。

 

 

まとめ

何気なく使っているカーナビですが、このような地球規模での電波を受けてセンサーが把握して割り出していることを知るとより素晴らしいものだと再認識させられますね。
GPS、センサー、地図データのいずれが欠けても機能しないものですので、カーナビの能力は本当に素晴らしいものですね。

 

使い方だけではなく、こうした基本的な仕組みを知っておくとこれまでとは違った思いでカーナビに触れることができるかもしれませんね。

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
PAGE TOP