ご活用事例

今日は何の日?と調べてみると、実際にさまざまな日が制定されているものです。
中には語呂合わせで決められたものから、新しく決められたものなど多岐にわたります。

 

4月19日が、地図の日だと決められているのをご存じですか?
地図といえば、日本人で思いつく歴史上の人物なら伊能忠敬ではないでしょうか?

地図の日が決められたのも、伊能忠敬に由来しています。
歴史が裏打ちしている確かなものですので日本人として知っておきたいものですね!

伊能忠敬が出発した日

地図に関する歴史上の偉人といえば、日本人では伊能忠敬があまりにも有名ですね。
その伊能忠敬が寛政12年旧暦閏4月19日に蝦夷地(現在の北海道)に向けて出発した日であることから、地図の日としてのちに制定されました。

 

今でこそ、測量技術も進化しているので地図も当然ながら精度も確かなものがありますが、当時、伊能は歩き続けることで地図を完成したわけですから、どれだけ途方もない事業であったかが想像できるでしょう。

 

 

地図を作るようになった経緯

伊能は、18歳の時に千葉県で日本酒の醸造などの事業を行っていた伊能家の婿として迎えられます。その後手腕を発揮して事業を成功させてきた伊能は、50歳で隠居をします。

 

50歳で隠居だというのは、今の時代でとうてい考えられないことですね。
隠居をしてからは、彼の向上心は暦学を極めることに集中しました。
そのため、千葉から江戸に向かったわけです。
事業でも暦学でも一度決めたらやり通す強い意志の持ち主だと想像できますね。

 

 

なぜ蝦夷地を目指したのか?

江戸に着いてから伊能は、天文台を自宅に設置したり測量の勉強を熱心にしたりしていました。
しかし、地球の大きさや緯度・経度を知るためには机上の論理だけでは理解できないと、江戸からまず蝦夷地までの距離を測量することが必要と考え向かったそうです。

 

現在と違い、蝦夷地へ向かうには幕府の許可が必要だったので、伊能が師事していた高橋至時は、幕府に正しい地図を作るために許可をして欲しいと願い出ました。
幕府からの許可が出たのが寛政12年(1800年)年4月15日。
わずかその4日後には、伊能は蝦夷地へ向かい始めたわけです。

 

 

こうして測量された日本地図ですが完了したのが1815年ですので、始めの作成から15年が過ぎていたわけですね。
繋ぎ合わせる作業の段階で、伊能は73歳で病死したそうですので、最終的な完成は見ずに旅立ったのは無念だったのではないでしょうか?
1821年に江戸城で日本初の実測地図「大日本沿海輿地全地」が完成しました。

 

 

まとめ

当たり前のように日本の地図を見る現代ですが、伊能忠敬の地図への情熱があってこそ、地図を活用できるようになったわけです。
4月19日は、私たちが知る日本列島の姿を測量して行く初めて足を踏み出した日と分かると、途方もなく遠い距離を測量して回った偉業を肌で感じるのではないでしょうか?

 

 

この記事についているタグ

  • 地図のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 地図のウンチク
  • 地図の記号
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図の本
  • 路線図・鉄道の本
  • 地図のウンチク
  • 路線図・鉄道のウンチク
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
NEW
  • 地図のウンチク
PAGE TOP